一覧へ戻る

ハワイの神聖な生き物、ホヌ(ウ…

ハワイの神聖な生き物、ホヌ(ウミガメ)を守ろう

2021.04.08

ウミガメは、ハワイ語で「ホヌ」といいます。ハワイではとても神聖な生き物とされ、幸運を運んでくる「海の守り神」として親しまれています。そんなウミガメですが、自然環境の変化などによって絶滅の危機におちいっている種類も。ハワイでは、ウミガメの保護や、推奨距離を定めるなどして、見守っています。

ウミガメは、ハワイ語で「ホヌ」といいます。ハワイではとても神聖な生き物とされ、幸運を運んでくる「海の守り神」として親しまれています。そんなウミガメですが、自然環境の変化などによって絶滅の危機におちいっている種類も。ハワイでは、ウミガメの保護や、推奨距離を定めるなどして、見守っています。

「ホヌ」は幸運を運んでくる「海の守り神」

ウミガメは、ハワイ語で「ホヌ」といいます。ハワイではとても神聖な生き物とされ、幸運を運んでくる「海の守り神」として親しまれています。ハワイには7種類のうち5種類のウミガメが生息していることをご存知でしたか。アオウミガメ、アカウミガメ、タイマイ、オサガメ、ヒメウミガメの5種です。ハワイ諸島の沿岸部で観察できるウミガメのほとんどはアオウミガメなんですよ。

ホヌを見かけたら優しく見守ろう

ハワイは、絶滅危惧種もふくめホヌの大切な生息地であり産卵地です。みなさんも、ハワイのビーチで、陸にあがってきてゆっくり日光浴したり、浅瀬で海藻を食んでいるホヌの姿を間近で見かけたこともあるのではないでしょうか。実は、ホヌはとてもデリケートな海洋生物です。人が近寄ってもあまり気にしていないように見えますが、ビーチで発見しても距離を保ってみまもってくださいね。

ホヌを守る活動団体

ホヌは、海洋ゴミが体に巻き込まれてしまったり、サンゴ礁の白化などが原因で命を落としたり、絶滅の危機に陥っている種類もあります。ハワイでは、ホヌを保護し、海へもどし見守る活動をしている団体もあります。詳細はぜひ以下のコラムでご確認ください。

LATEST

旅行者にできることTravelers Can Do

すべて見る

取組み紹介Initiatives

すべて見る

関連映像Movies

すべて見る

注目の特集

すべて見る