ワイキキホテルのニューウェーブ 「ツイン フィン ワイキキ」がグランドオープン

2022.11.24

リニューアルで近代サーフィン発祥地の象徴として生まれ変わったホテルが ワイキキのオーシャンフロントにデビュー

ホスピタリティ企業のハイゲートがハワイで運営するホテルコレクションの一つ、「ツイン フィン ワイキキ」が、オアフ島ワイキキのビーチ沿いに本日オープンしました。数百万ドルをかけた改装工事を経て生まれ変わったホテルは、ゲストが地元の音楽やアートに触れ、地域とつながれる集いの場として、ワイキキというデスティネーションの中心的存在となります。刷新された客室と新しいデザインのフロア、伝統文化に根ざした真のハワイ体験、ワイキキビーチが目下に広がる絶景が特徴です。

海から歩いてすぐの場所に位置するツイン フィンのホテル名は、メローな波でゆったりと楽しむサーフィンに適したフィンが2枚ついたサーフボードにちなんでいます。リニューアルオープンしたホテルは、ハワイらしいゆとりと活気に満ちたスピリットを随所に感じさせるとともに、オーシャンフロントのトロピカルな雰囲気に包まれ、思いがけない体験や思い出に残る有意義な時間を共有できる沢山の機会を提供しています。

「このホテルのすぐ前にあるビーチで育まれ、デューク・カハナモクによって世界に広められたサーフィンは、ツイン フィンにとって大事なアイデンティティの一つです。本日のグランドオープンにあたっては、ハワイのスピリットをゲストの皆様とともに祝いたいと思います」と、ハイゲートのエリア統括ディレクターのランディ・ダイヤモンドは述べています。「地元アーティストによるオリジナルアート、美しい景色を望む快適でスタイリッシュな空間、海の保護と保全を目的としたサステナビリティへの取り組みなど、当ホテルにはあらゆる面において、ワイキキという特別な場所へのオマージュが込められています」

客室とリゾートのリニューアル

全645室の客室のうち、48室がスイートルームで構成されています。ミッドセンチュリーモダンを思わせるデザインがアクセントの客室とスイートルームは、現代のサーフカルチャーを象徴するコンテンポラリーなインテリアで、時を超えて愛され続けるサーフィンの魅力を表現しています。うっとりするほど鮮やかな海のブルーをカーペットで大胆に表現し、アート作品や家具のファブリックにエネルギッシュな色を散りばめた客室は、青い海に映えるカラフルなサーフボードのような印象を与えます。客室には、オリジナルデザインのサーフポンチョやツイン フィンのロゴ入りのテンティクル社のスマートフォン三脚ホルダーなどの気の利いた工夫が施され、ゲストはハワイでの体験を丸ごと写真に収めることができます。

サーフィンへのこだわり

波予報とサーフィンレポートの世界的リーディングカンパニーのサーフラインは、3台の高解像度カメラを設置し、ロビーの大型ビデオウォールをはじめとするホテル内の各所で、リアルタイムの波の状況をストリーミング配信しています。ライブ配信は、日中はハワイ周辺のサーフブレイクの様子を映し、夜には世界各地の有名な波のスポットを季節ごとにロケーションを変えて紹介します。さらにサーフラインの室内チャンネルでは、ツイン フィン ワイキキに宿泊中のゲストにサーフィンコンテンツを提供しているほか、滞在前から滞在後までいつでも視聴できるサーフラインのプレミアム会員1ヶ月無料トライアルも用意しています。

アート作品

ホテルのオリジナルアートは、ハワイのアーティスト集団「Pow!Wow!」のリーダーの一人であるカメア・ハダー氏がデザインしたもの。アートコレクションには、海をイメージしたダイナミックなインスタレーションや大きな壁画などが含まれます。また3名のPow! Wow!アーティストによって、ツイン フィンの新しいコンセプトである太陽、空、水、波をイメージした形と色と線で描かれた6枚のカスタムサーフボードが、ホテル内のパブリックスペースに展示される予定です。さらに地元アーティストのデイン・ニシカワ氏が海洋環境保護団体の「パーレー・フォー・ザ・オーシャンズ」と共同で、高さ8フィート、幅16フィートの巨大な波のようなインタラクティブアートを制作中です。この作品は、現在のままの環境破壊が続くと未来へどのような影響を及ぼすかを示唆する作品で、材料に海洋プラスチック、ハワイで消費されたプラスチック、ハワイの原生自然を脅かす外来種のネムノキの木材が使用されています。

サステナビリティ

ツイン フィンは、世界の海の美しさと繊細さを広めるために共に活動するクリエイターとリーダーのグローバルネットワークであるパーレー・フォー・ザ・オーシャンズと提携関係を結びました。このチームは、ゲストと従業員による環境問題への取り組みに力を貸すことで、ハワイの貴重なビーチや海岸線の保護に貢献します。この新しいパートナーシップにより、ツイン フィンは、ホテルから使い捨てプラスチックをなくすための第一歩として、「パーレー・エア」の誓いを立てることを約束しました。さらにパーレーのゲストスピーカーを招いた教育プログラムや講演会をホテルで開催し、来年にかけて5回にわたるビーチクリーンアップを共同で実施する予定です。

ツイン フィンはハワイのリゾートホテルとしては初めてマナナルのアルミニウム製ウォーターボトルを取り扱い、海に廃棄されるペットボトル20万本以上の削減を実現しました。2023年には、共同ブランドのボトルの販売とマナナルの「ドリンク・ワン、リムーブ・ワン」環境保護プログラムの開始によって、その効果を倍増させる予定です。

エスケープ・トゥ・ツイン フィン」リニューアルオープン優待を実施中

ツイン フィン ワイキキの宿泊料金は、1泊239ドル〜。現在、3泊以上の滞在で宿泊料金が20%割引になる「エスケープ・トゥ・ツイン フィン」リニューアルオープン優待を実施中です。

ご予約はこちら。https://jp.twinfinwaikiki.com/Contact-Us.htm

ツイン フィン ワイキキについての詳細およびご予約は、ウェブサイトをご覧ください。InstagramとFacebookでも最新情報を発信しています。

この記事に関連するタグ
コラムの一覧
アウトリガー・リーフのカルチャー・ディレクター紹介
アウトリガー・リーフのカルチャー・デ…
2022.11.22

「泊まる」の最新コラム&ニュース