マカプウビーチ(Makapuu Beach)

2022.10.29

ワイキキから車で約40分、オアフ島最東端のマカプウ岬を越えた先に見えるのが、マカプウビーチです。マカプウ岬の切り立った崖にある展望台から見下ろすと、目の前にはウサギの頭が海から突き出ているように見える「ラビットアイランド」、眼下には透き通ったエメラルドグリーンが美しい海と湾状のビーチ、そしてオアフ島の南東側が一望できる絶景が広がります。

「Makapuu(マカプウ)」とはハワイ語で「大きな目」という意味で、ハワイに伝わる神話の中で、8つの輝く目玉を持つタヒチから来た神が近くの洞窟に住み着いたことから、その神の名前を取って「Makapuu(マカプウ)」と呼ぶようになったとのこと。神が住み着くほど神聖なこのエリアは、古代ハワイアンが作った「Heiau(ヘイアウ:神殿)」がエリア内にあり、現在もキチンと保護されているなど、今もなおハワイに暮らす人々にとって神聖な場所として大切にされています。周辺に広がる黒々とした岩石でできたタイドプールやビーチの背後にそびえ立つコオラウ山脈、どこまでも澄んだ海と美しいビーチに囲まれ、訪れたときにその神秘的な空気を感じることができるでしょう。

サンディビーチ同様、波打ち際で急深になる地形のビーチでは、ボディボードやボディサーフィンが盛んで、波が大きな日はあまり海水浴には向いていません。ただ、周辺エリアも含め、広範囲で岩場によってできたタイドプールがたくさんあるので、大きなタイドプールにプールのように浸かったり、魚を見つけたりと家族連れでも楽しめるビーチのひとつです。

この記事に関連するタグ
  • オアフ島
  • ハワイアンカルチャー
  • サーフィン
  • オアフ島
コーディネーターの旅するキラウエア火山の歩き方
コーディネーターの旅するキラウエア火…
2022.11.02
コラムの一覧
カハラビーチ(Kahala Beach)
カハラビーチ(Kahala Beac…
2022.10.15

「自然・名所」の最新コラム&ニュース