カウアイ島、ワイメアキャニオンからさらに足を伸ばしてコケエ州立公園まで行ってきました!

2022.04.15

ワイメアキャニオンがあることで有名なワイメア渓谷州立公園からさらに北上すると、森林や野草が生い茂るコケエ州立公園に辿り着きます。ハワイ固有の植物、鳥類の観察などが楽しめるのでアウトドア派の方、自然が好きな方には特におすすめのスポットです。

途中このワイメアキャニオンの素晴らしい景色を横目に見ながらさらに北上。15分ほど車を走らせるとコケエ州立公園に辿り着きます。

ワイメアキャニオンからコケエまでの間は短い距離ながら、標高がさらに上がるのでどんどん涼しくなり、木々や草花の種類も変わり、ハワイではないような気分になるのが面白いです。
山道を道なりに進むと、キャンプやピクニックのできる広いグラウンド、ミュージアム、レストランのあるエリアが現れます。
入場料金と駐車料金はハワイ州在住者は無料ですが、それ以外の旅行者は入場料が$5、駐車料金が$10ほどかかります。

コケエ・ミュージアムは毎日9amから4:30pmまで営業しています。入場料は無料ですが、ドネーションが運営の助けになるので、拝観を楽しんだ気持ちを入り口のドネーションボックスに入れてはいかがでしょうか。

ミュージアムは写真や剥製標本が多く用いられ、説明書きもあるので自分たちで見て回るだけでも楽しめますが、知識豊富なスタッフやボランティアの方々に声をかければもっと詳しい説明もしてもらえるそうです。

こちらはハワイの花や野鳥、虫についての展示がされているエリア。
コケエには沢山のハイキングコースがあり、ハイキングはおすすめのアクティビティですが、先にこのミュージアムに立ち寄れば、より自然観察が楽しめると思います。

ミュージアムにはお土産屋さんも併設されています。コケエやワイメアキャニオンと柄の入ったのTシャツや帽子など旅の記念になるものはもちろん、ハワイの歴史の本や野鳥の本と言った教育的な物も多く置いてあります。その他メイド・イン・カウアイのクラフトアートや、ニイハウシェルジュエリーなど特別なセレクションもあります。ハイキングの杖も売っていますよ。

ミュージアムの隣にはコケエ・ロッジというレストラン/カフェがあります。
コケエで唯一の飲食店。まさしく山小屋と言った趣の佇まいで、長いドライブの後に休憩するのにぴったりです。毎週金、土、日、火、水の1:00 p.m.から3:00 p.m. はミュージシャンがハワイアンやカントリーミュージックのライブ演奏をしていて、なかなかいい雰囲気です。

暖炉もあり、まるで雪山のロッジのような雰囲気ですが、メニューはパンケーキやロコモコ、カルアポークなど、ハワイを感じるメニューが沢山ありました。
コケエロッジの営業時間は、月曜日から金曜日が9:30 a.m. — 4:30 p.m.
土曜日と日曜日が9:00 a.m. - 4:30 p.m.です。

キッチンは4時に閉まるのでご注意ください。バーとリテールショップは 4:30 p.m.まで開いています。

ロッジやミュージアムのある場所からさらに奥(北)へとドライブを進めると、カララウ展望台に辿り着きます。標高1200m。ここからはなんと、ナパリコーストを見下ろすことができるんです!
船やヘリコプターが苦手、もしくは短い滞在でそこまで時間が取れない、という方は、ワイメアキャニオンとの抱き合わせでこのコケエ州立公園まで足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。ワイメアキャニオンの後に現れるナパリコースト。お得感、満足感の高いドライブコースでした。

また、前述の通りコケエ州立公園には大小レベルも様々なハイキングコースが沢山あるので、体力に合わせて挑戦してみるのも特別な体験になりそうです。標高が高いのでハワイにしては涼しいですし、何より緑に包まれる森林浴は大変癒されますよ。ハイキングの際にはたっぷりのお水をお忘れなく!

この記事に関連するタグ
ワイキキPCRクイックセンター開設
ワイキキPCRクイックセンター開設
2022.05.18
コラムの一覧
ANAがダニエル・K・イノウエ国際空港にラウンジをオープン予定
ANAがダニエル・K・イノウエ国際空…
2018.05.31

「施設・公共施設」の最新コラム&ニュース