Kanoa Igarashi

Kanoa Igarashi

五十嵐 カノア

(1997年10月1日生まれ)

カリフォルニア州ハンティントンビーチで父親のサーフィン姿を毎日眺めて育つ。3歳の時、見ているだけでは満足できなくなり自らも始める。すぐに才能を開花させサーフィン界の注目を集めるようになった。
2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。
2012年、USA Championship U-18を史上最年少の14歳で優勝。
2016年、史上最年少、アジア人で初めて、プロサーフィンの世界最高峰、WSL チャンピオンシップツアー(CT)2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催されたWSL Vans US Open(WSL QS10000)で優勝する等、着実にその実力を発揮している。
2019年には、CT第3戦の「Corona Bali Protected」でアジア人初の優勝を成し遂げた。
サーフィンが初めて正式種目となった2021年の東京オリンピックでは、銀メダルを獲得。2024年のパリオリンピックに向けて、更なるタイトルと波を求め海外転戦を続ける。

マネージメント会社:IMG Japan

主な実績・記録

  • 2021年 東京オリンピック 銀メダル
  • 2019年:WCT Corona Bali Protected 優勝
  • 2018年:WSL Qualifying Series 3000 - Pro Santa Cruz2018 優勝
  • 2017年:WSL Vans US Open of Surfing 優勝
  • 2016年:WCT Billabong Pipe Masters 準優勝
  • 2012年:USA Championship U-18 最年少優勝
  • 2010年:NSSA全米ナショナルチャンピオン獲得
  • 2009年:NSSA年間最多優勝回数 30勝達成
Kanoa Igarashi