ツーリズムExpoジャパン2019・ハワイ州観光局パビリオンにて海洋生物の保護を訴求

ツーリズムExpoジャパン2019・ハワイ州観光局パビリオンにて海洋生物の保護を訴求

ハワイ州観光局は、2019年10月24日~27日に大阪のインテックス大阪にて開催されたツーリズムExpoジャパンに出展し、期間中多数の皆さまにお越しいただきました。

ハワイ州では、経済、社会、環境の側面から持続可能な社会となるべく目標を掲げ、2030年までにAloha+Challengeとして6つのセグメントで目標達成に向けた取り組みを行なっています。

ハワイ州のAloha+Challengeの取り組みを受けて、ツーリズムExpoジャパンのハワイ州観光局のパビリオンでも、「責任ある観光」をパビリオンのコンセプトに、ハワイの文化継承、ハワイの固有種をはじめ海洋生物などの自然保護活動など、責任ある観光の実現に向けたさまざまな活動をご紹介しました。

 

鴨川で清掃したゴミから絶滅危惧種のカメを制作

ハワイ州観光局のパビリオンでは、立命館宇治高校の生徒の皆さまが、鴨川で清掃されたゴミを使って、ハワイで絶滅危惧種とされるカメを制作いただき、そのカメ2体を展示しました。
展示したカメにも、観察推奨距離の3メートルを床にも表示させていただきました。

 

立命館宇治高校による鴨川清掃の様子


鴨川で清掃されたゴミを使って、カメの制作の様子

Hawaii Marine Animal Responseへ寄付
ツーリズムExpoジャパンのハワイ州観光局のパビリオンでは、海洋生物の保護のために、寄付金を募りました。

そして、ウミガメ、ハワイアンモンクシール、イルカ、クジラなどの海洋動物の保護活動をハワイでおこなっているNPO機関「Hawaii Marine Animal Response」に、
この度皆さまから寄付いただきました534.59ドルを、寄付させていただきました。
ご協力いただきました皆様、ありがとうございました。