人とサンゴにやさしい日焼け止め

人とサンゴにやさしい日焼け止め

海洋生物や環境にとって重要な役割を持っているサンゴ。
そのサンゴが、今危機的な状況に置かれています。

アメリカ海洋大気庁(NOAA)によると、ハワイ島で56%、マウイ島で 44%、オアフ島で32%のサンゴ礁が白化を受け死滅していると言われています。
そして、今後も大規模な影響があると予測されているのです。

サンゴは、地球温暖化による水温上昇や、環境汚染による被害を受けやすく、
私たちができることのひとつは、「日焼け止めの使用」について見直すこと

アメリカ合衆国国立公園局によると、年間4,000~6,000トンの日焼け止めが、人の皮膚からサンゴ 礁の海域に流れ出ていると言われています。
そして、 この日焼け止めに含まれる一部有害成分(オキシベンゾンやオクチノキサート)が、サンゴ礁を白化させ、死滅させてしまう原因です。

ハワイ州では、2021年1月1日から、サンゴ礁への有害が指摘されている成分を含んだ日焼け止めの販売を禁じる法案が成立しました。
ハワイでは、「Reef safe」とパッケージに表示されたおしゃれな日焼け止めが多数販売されています。

是非、ハワイに限らず、日本でも日焼け止めご使用前に、サンゴ礁に有害な成分が含まれていないかご確認いただくこと、そしてサンゴ礁の優しい日焼け止めを使用することがサンゴを守っていくことに繋がるはずです。