カウアイ島在住のデジタルアーティスト「Yuriko.J.Design」

2022.04.30

レトロでモダン。そんなハワイのイメージがそのままアートになったような作品で人気を博している「Yuriko.J.Design」。その作品はカウアイ島のあちこちのお店、植物園、空港などに置かれています。今回はそんな「Yuriko.J.Design」の作品をご紹介させていただきます。

デザイナーのYurikoさんは日本出身、ハワイ在住3年目。
カウアイ島気鋭のデジタルアーティストです。
幼い頃から絵を描くことが好きだったというYurikoさん。
しかし成人してからは仕事が忙しく、なかなか絵を描く時間が持てなかったそうです。

アートから遠のいていたYurikoさんをデザインの道へ導いたのは、カウアイ島ハナペペの有名書店「Talk Story Bookstore」のオーナーである、ご主人のエドさんでした。
「長い間ビジネスをしているのに、オリジナル商品がなくて、よくお客さんにも作っていないのかと聞かれる。デザインしてみる気はない?」

こちらがエドさんの一言をきっかけに、Yurikoさんが手掛けたブックストアのデザイン。
ハワイと本、看板ネコ、お店の特徴がギュギュッと凝縮されていて、ノスタルジックな趣きがなんとも素敵です。
書店オリジナルグッズとしてポストカードやマグカップ、トートバックなどに展開され、たちまちお店の人気商品となりました。
ご主人との出会い、偶然のやり取りから自然にアーティストとしての道が開けていったYurikoさん。運命的ですね。

お店の看板猫ちゃんを描いたステッカーや絵本も登場。
コケエロッジや、ローカルレストランからもコラボレーション依頼が来るほどに!

以降溢れるように才能が開花し、ブックストア関連のデザインだけでなく、カウアイ島の景色や自然、野生動物をモチーフに、数々のデザインが生まれていきました。

こちらはアイランドシリーズと呼ばれるシリーズ。
「レトロでモダン、気持ちが明るくなるようなデザイン」ということを心がけ、楽しい思い出を持ち帰って欲しいという想いで作られたそうです。

Yurikoさんはカウアイ島のみならず、マウイ島のクーラロッジや自然を描いたステッカーのデザインもされています。

さて、「ステッカー」と聞いてピンとこないかたもおられるかも知れませんが、日本語で言うシールのことです。
常夏ハワイでは水分補給が必須とあって、外出の際はウォーターボトルが必須なのですが、環境を考えてハイドロフラスコなどのマイボトルに水を入れて持ち歩く人も多いです。

そんなマイボトルに愛着を込めてカスタムするため、あるいは他の人との混同を避けるために、ボトルにはステッカーを貼るのが定番。
ハワイの人は地元愛も強いので「ハワイ」「カウアイ」などの地名のステッカーはもちろん、自分のお気に入りのローカルビジネスが作っているステッカーを貼っている人もよく見かけます。

Yurikoさんは自分がウォーターボトルに貼りたいものを、とイメージしながらデザインされているそうです。

その他、車に貼ったり、PCに貼ったり。防水加工のされているシールなので用途は色々。ほら、途端にハワイ感が出ると思いませんか?
自分が旅した思い出にスーツケースに貼るのもいいですね。

こちらの「Wahine」(ハワイ語で女性のこと)シリーズは、ずっと頭の中にあったイメージを絵にしたくて描きおこしたものだそう。
穏やかな表情の中に芯がある、凛とした女性。
花のように美しい女性が、ハワイのチーフを髪飾りに纏っている素敵な作品です。

Yurikoさんは映画「ジュラシック・パーク」の撮影地としても有名で、世界的にも希少な植物を目にすることが出来る「アラートン・ガーデン」、隣接する「マクブライド・ガーデン」にもカスタムデザインを提供されています。
アラートン・ガーデンの方はモートンベイ・フィグ・ツリーに恐竜、マクブライド・ガーデンの方はカウアイ固有種のハイビスカスとパンノキが描かれています。
ステッカーのほか、Tシャツも販売中。YurikoさんはTシャツのデザインをドネーションされたそうです。

日本でも有名なカウアイ・コーヒーともコラボレーションされています。
カウアイ・コーヒーはコーヒー豆を入れるハーベスト用の布袋のデザインを毎年刷新しているそうで、今年2022年はYurikoさんがデザインを担当されたそうです。こちらのデザインはステッカーのほか、Tシャツにもなっています。

カウアイ島の美しい自然や野生動物から日々インスピーレションを受け、最近はデザインに留まらず漫画も執筆なさっているYurikoさん。これからさらにどんな作品が生まれるのか、私もファンの一人として楽しみです!

「バケーションの楽しい思い出を持って帰って欲しい」という想いがデザインに込められた、“Yuriko J. Design” のアイテムは、現在インターネット、または下記のストアでご購入いただけます。

Kokee Lodge -コケエ(カウアイ島)
Talk Story Bookstore - ハナペペ(カウアイ島)
Newsstand at Lihue Airport - リフエ(カウアイ島)
Aloha Ginger Beer - リフエ(カウアイ島)
Tip Top Cafe - リフエ(カウアイ島)
Kiko Simple Goods - カパア(カウアイ島)
Blu Umi - ハナペペ(カウアイ島)
Kauai Coffee Company - カラヘオ(カウアイ島)
Kula Lodge Marketplace - マウイ島
Living Foods - Shops at Kukuiula - ポイプ(カウアイ島)
National Tropical Botanical Garden - ポイプ(カウアイ島)
Right Slice - カラヘオ(カウアイ島)
Sway - ハナレイ(カウアイ島)

Etsyならば日本への発送も可能とのこと。
次のハワイ、カウアイ島旅行で、それまで待ちきれない人はWebサイトでチェックしてみて下さいね。

この記事に関連するタグ
  • カウアイ島
  • fashion
  • local
  • ローカル
  • ファッション
  • ハワイの花
  • ハワイ
  • メイドインハワイ
  • shopping
  • ショッピング
  • ロコ
  • 記念
  • ローカルデザイナー
  • ハワイ土産
  • gifts
  • omiyage
  • お土産
  • アート
  • art
  • artist
メードインハワイのファッションブランド、Ten Tomorrowのスローファッションという考え方に学ぶ
メードインハワイのファッションブラン…
2022.05.17
コラムの一覧
まるで解剖学?!ディティールがすごい注目の若手アーティスト、Lauren Trangmar
まるで解剖学?!ディティールがすごい…
2022.04.23

「買い物」の最新コラム&ニュース