【学ぶハワイ】プリンスクヒオとは?

2021.03.27

毎年3月26日はプリンス・クヒオ・デイと呼ばれるハワイ州が定めた休日。
「クヒオ」と聞くと、ワイキキの通りの名や、クヒオビーチを思い浮かべる方も多いかもしれません。
ハワイでは、通りの名にハワイに貢献した王族や英雄の名がつけられていることが多いのですが、クヒオもそのひとり。

ハワイに貢献したクヒオ王子を称えるこの日は、1949年に準州議会によりハワイ独自の休日として制定されました。

ワイキキのクヒオビーチに建つ背広姿のクヒオ王子を見かけたことのある方も多いかもしれません。
今回のコラムでは3月26日に誕生したプリンスクヒオについて簡単に学んでみませんか?

プリンスクヒオの功績

クヒオ王子 (本名 Prince Jonah Kūhiō Kalaniʻanaole Piʻikoi) は、1871年カウアイ島生まれ。
カラカウア王のお后カピオラニの甥にあたり、少年時代は王妃の養子(ハナイ hānai )として、ホノルルのロイヤルスクールとプナホウ校で教育を受けて育ちました。

21歳のときに、リリウオカラニ女王が王権を放棄しハワイ王国が終りを告げ、ハワイ共和国の時代になりますが、2年後には王権を取り戻そうという動きが活発化します。
その時にクヒオもその動きに加わり、ハワイ共和国への反逆罪で逮捕され、1年近く収監されてしまいます。そして、その後も政治活動を継続していたクヒオは、ハワイが準州になってからは共和党員としてワシントンD. C. で準州選出の米合衆国議員を務めました。

画像提供:Hawaii State Archives

王国最後の王子として、そして準州時代も引き続きハワイを代表する立場にあったその生涯を称え、地元に貢献した功績を継承していくために、クヒオの誕生日をハワイ独自の休日と定めたのがこのプリンス・クヒオ・デイ。
そして、各所で開かれるお祝い事がプリンス・クヒオ・デイ・セレブレーションと呼ばれているのです。

2021年3月26日のプリンス・クヒオ・デイ

晴天に恵まれ、小規模でワイキキのプリンスクヒオ像の前でセレモニーが行われ、ブレッシングやレイドレーピング(レイを捧げる儀式)がおこなわれました。

この記事に関連するタグ
コラムの一覧
【学ぶハワイ】3月5日は「珊瑚の日」!
【学ぶハワイ】3月5日は「珊瑚の日」!
2021.03.05

「おうちでハワイ」の最新コラム&ニュース