【バーチャルハワイ】自宅でもできる!ハワイで海中探索

2020.04.07

ハワイは、青い空、青い海、南国とイメージされる方も多いリゾート地ですが、今日は、そんなハワイの代名詞である青い海で、バーチャルぷかぷか体験しませんか。
海にはいると、不思議と心や体が浄化され、疲れた心が癒されます。
さあ、自宅で、ハワイの海中散策に出かけましょう♪

今日、皆さまをお連れする青い海は、ハワイ島とマウイ島の海です。
ハワイといえば、オアフ島のワイキキビーチが人気ですが、今日は、ハワイ島、マウイ島といった、いつものオアフ島とは違う海をご紹介します。
トロピカルなお魚とスイスイ、ぷかぷかリラックスタイムのはじまりです♪

まずは、オアフ島から飛行機で約40分のマウイ島。ハワイで2番目に大きな島にいってみましょう。このマウイ島でおススメのシュノーケリングスポットは、マウイ島南東の沖にある三日月形の小さな無人島のモロキニ島です。
モロキニ島には、ツアーに参加して、船で島まで向かいます。
船は、この三日月の内側で停泊して、シュノーケリングを楽しみます。

さあ、準備はよいですか?1,2,3、海にダイブ!

youtube上で、マウスを使って、泳ぎたい方向にぐるぐるまわしながら、海中散策してみましょう。
海の中にもぐって上を見上げると、空から降り注ぐ太陽の光がとっても幻想的ですね。
水の中で、ぷかぷか自由自在にいろんな態勢で魚になった気分でリラックス♪

モロキニ島の透明度は抜群で、潜るとその美しさがわかります。
遠くまでクリアに見えるので、熱帯魚にもたくさん出会えますよ。

次は、ハワイで最も新しく広大な島ハワイ島にいってみましょう。

ハワイ島のシュノーケリングスポットは、コナコースト側のケアラケクア湾です。
ここは、イギリス人の探検家キャプテン・クックがハワイを初めて発見した時に到着した場所で、その後、ここで殺害されてしまったという、歴史的な場所です。
ここには、キャプテン・クックの記念碑もありますよ。

この場所は、海洋保護区に指定されているので、海の透明度はこちらも抜群です。
ハワイ州では、2021年からオキシベンゾンとオクチノキサートの2種類の化学物質が含む日焼け止めの使用や販売が禁じられることが決定していますが、ここ、ケアラケクア湾では、2020年1月から先行して開始しています。実際にこちらでシュノーケリングをされる際は、reef freeと書いてある日焼け止めを使ってくださいね。

シュノーケリングのツアーは、午前、午後ありますが、午前中のツアーが断然おススメです。それは、朝の方が、透明度が高くて、色鮮やかなお魚に出会えたり、
イルカやカメに出会える確率も高いんです!

では、早速、ケアラケクア湾で潜ってみましょう。海にジャーンプ!!

youtube上で、マウスを使って、泳ぎたい方向にぐるぐるまわしながら、海中散策してみましょう。

海中に入ると、洞窟のようなところを潜り抜けたり、サンゴ礁やお魚などじっくり観察したり、冒険の世界が広がります。
是非、海の中を、ぐるぐると、巡って楽しんでみてください。

この記事に関連するタグ
【学ぶハワイ】知れば知るほどハワイはもっと楽しい!ハワイ講座で新たなハワイを発見!
【学ぶハワイ】知れば知るほどハワイは…
2020.04.08
コラムの一覧

「おうちでハワイ」の最新コラム&ニュース