第102回キングカメハメハデー・セレブレーション「レイドレーピングセレモニー」&「フローラルパレード」

2018.06.10

レイドレーピングセレモニー

6月11日は、ハワイ州の公式の祝日「キングカメハメハデー」。ハワイ諸島を1つに統一したカメハメハ大王を功績を称える日です。この日を祝うために、ハワイの各地でイベントが行われ、オアフ島では6月8日(金)午後3時よりレイドレーピングセレモニー、9日(土)午前9時よりフローラルパレードが行われました。

レイドレーピングは、ダウンタウンにあるカメハメハ大王像に、市の職員が少しずつクレーン車のような乗り物に乗り、銅像の両方の腕にたくさんの長いレイを掛けていく儀式です。

レイは、ボランティアの方たちが一つ一つ丁寧に作り上げたもの。黄色のプロメリアの他に、ピンクやオレンジ、そしてグリーンのマイレレイもかけられ、大変美しい光景を作り上げています。レイをかけるのは腕の部分で、カメハメハ大王像のケープの部分にはかけないことになっています。

ハワイのデービッド・イゲ知事をはじめ、Ahahui Kaanumanu Chapter 1, カメハメハスクール卒業生協会、ビショップ博物館、ハワイアン市民クラブなど、いろいろなグループがレイを捧げました。

レイドレーピング・セレモニー

フローラルパレード

9日(土)の朝9時より行われたフローラルパレードは、イオラニ宮殿前からスタートし、ワイキキのカピオラニ公園まで続きます。パレードには、フロートや車、パウライダーなどいろいろ参加。パウライダーとは、カラフルなドレスに身をまとい、馬に乗った女性たちのことを言います。その昔、ハワイに馬がもたらされた当時、王族の女性たちは着飾り、馬に乗って公式のイベントなどに出向きました。

今年は観られなかった方は、来年この時期にハワイに来るとハワイ文化・歴史にたっぷり触れられますよ〜♬

この記事に関連するタグ
  • オアフ島
  • オアフ島
  • ハワイ
  • ホノルル
  • ローカル
メレの中のハワイ百景〜プルメリア
メレの中のハワイ百景〜プルメリア
2018.06.13
コラムの一覧
ハワイのアロハ大使、ダニー・カレイキニに捧げる夏の祭典
第48回ウクレレフェスティバル・ハワイ開催
ハワイのアロハ大使、ダニー・カレイキ…
2018.06.08

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース