ハワイの空港 ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の設備情報・ワイキキへの交通手段、送迎

初めての海外旅行先として日本人に人気のハワイ。
素敵な旅の始まりとなるハワイの空港についてご紹介します。
多くの方が利用する「ダニエル・K・イノウエ国際空港」(旧ホノルル国際空港)のWi-Fi、両替、交通アクセスなどに関する疑問にもお応えしていきます。
 ※ホノルル国際空港は2017年4月27日付で日系初の連邦上院議員でハワイ州出身の故ダニエル・イノウエ氏にちなみ「ダニエル・K・イノウエ国際空港」に改名されました。

  1. ハワイの空港
  2. ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の施設とサービス
  3. ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からワイキキ市街地へのアクセス

1. ハワイの空港~ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)のほか、コナ国際空港への直行便がスタート

日本の空港からハワイへ

日本からハワイへ行くには、ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)利用が一般的で、最も便数の多い成田国際空港からは毎日20便以上の直行便が運航しています。
また、羽田及び成田国際空港からハワイ島・コナ国際空港へ直行便が週10便運航。さらに、関西国際空港からエアアジアX、スクートも就航し、ハワイへの旅がいっそう便利になりました。
日本からは、以下の6つの空港からハワイへの直行便が離発着しています。
他の空港からは国内乗継便を利用します。
(情報は2018年3月現在。直行便の有無や就航会社は変更されることがあります。詳しいスケジュールについては最新の情報をチェックしてください。)

▼ハワイへの直行便がある日本の空港

▼ハワイへの直行便がある主な航空会社

日本からハワイへのフライトスケジュールと所要時間

日本各地からハワイへのフライトは、夕方から深夜に出発して早朝から昼ごろまでに到着します。一方帰国便は、現地の朝から昼間に出発し、日付変更線を通過して一日後の日本の夕方から夜に到着することが多くなっています。このため、ハワイへのツアーは「4泊6日」の日程が一般的です。その際、帰国は機中1泊となります。

フライトの所要時間は、気流の影響で行きと帰りとで差があります。

  • 往路 6.5~7時間
  • 復路 8.5~9時間

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)があるオアフ島から他の島々へ

ハワイには6つの大きな島があり、それぞれが異なる魅力を持っています。
ハワイ6島についての詳細は ハワイの島々 -個性豊かな6島- をご覧ください。

これらの島への移動はオアフ島から各島の空港を結ぶ飛行機へ乗り継ぎます。ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からカウアイ島、マウイ島、ハワイ島の主要空港へは定期便が1日約30便運航され、各島間も定期便が毎日頻繁に運航され、所要時間は30分~50分ほどなのでとても便利です。羽田及び成田国際空港からハワイ島・コナ国際空港へ直行便が週10便運航しています。その他、マウイ島ラハイナ港からは、ラナイ島マネレ港へフェリーが毎日運航しています。

▼ハワイ観光で利用することが多い7空港とホノルルからの所要時間

2. ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の施設とサービス

ダニエル・K・イノウエ国際空港は日本語の案内表示が整備され、日本語スタッフもいるので、初めての旅でも安心です。建物外の通路などがオープンエアなエリアとなっていて、到着してすぐ、そして出国する直前までハワイの雰囲気を堪能できます。

施設・サービスについては以下の通りです。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の到着ロビーは2階、入国審査を経て1階出口へ

飛行機を降りたら到着ゲートから無料の2両連結シャトルバス「Wiki Wiki Bus(ウィキウィキバス)」または動く歩道が設置された連絡通路を徒歩で移動します。国際線の到着ロビーはフロア2階です。
入国審査(Immigration,イミグレーション)では指紋のスキャンと顔写真の撮影があります。
2016年3月からはセルフサービスの自動入国審査端末「Automated Passport Control(APC)」が導入されました。
※Automated Passport Control(APC)はESTAを取得している方で、2008年以降、一度でもアメリカに入国している方が対象となります

Automated Passport Control(APC)の詳細はこちらをご確認ください。
https://www.cbp.gov/travel/us-citizens/apc

その後、1階で荷物を受け取り、税関検査を経て出口へ向かいます。左手の「団体用出口」と右手の「個人用出口」に別れているのでご注意ください。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港) 2F フロアーマップ

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)のWi-Fi、インターネット

空港内では有料のWi-Fi接続サービスShakaNetが利用できます。
料金は2時間$6.95、24時間$8.95などとなっています。
(各航空会社・カード会社のラウンジでは無料Wi-Fiを提供しているので、ラウンジ利用者は個別に確認してください。)

Photo by ytemarks–Wifi at the Airport / Adapted.

また、一部エリアでは無料のWi-Fiサービスを利用できます。サービス提供エリアと接続方法は以下の記事をご覧ください。

また、インターネット利用ができるコンピュータワークステーション、スマホを充電できるReCharge Stations(充電ステーション)が空港各所に設置されています。

中央ロビー周辺を中心に多くのブランドショップ、免税店などがあり、搭乗手続き後も買い物を楽しめます。ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)のDFS(Duty Free Shop:免税店)にはプラダ、グッチを初め70ほどのブランドが入り、化粧品・バッグ・衣服・時計など充実した品揃えです。
ギフトショップ、雑貨店、ハワイの食品店などもあります。帰国便を待つ時間をくつろいで過ごせるレストラン・カフェも充実しています。旅行用品、携帯電話アクセサリー、事務用品などは「ビジネスセンター」で購入できます。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)ラウンジ

ビジネスクラスのチケットやクレジットカードをお持ちの方は、航空会社・カード会社の規定に基づき「空港ラウンジサービス」を利用できます。ラウンジ内では休息スペース・ビジネス用デスクのほか、無料Wi-Fi、フリードリンク&フード、FAXサービスなどの提供があります。ビジター料金または会員料金を支払って利用可能な場合もあります。日本人が利用することの多い主なラウンジは以下の通りです。ラウンジが提供するサービス内容と対象者については個別にお問い合わせください。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)で両替

ハワイに到着したらすぐ、タクシーに乗ったりチップを支払ったりするための現金が必要になります。
空港内には税関を出てすぐの両替所を初め、5か所の両替所があります。ただし市街地の両替所と比較するとレートが割高なので、当座に必要な分のみ両替することをおすすめします。
ハワイの通貨と両替・チップ事情

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)の喫煙場所

ダニエル・K・イノウエ国際空港の喫煙場所

ハワイ州法のもと、日本よりも厳格な禁煙ルールが規定されています。
まず建物内は全面禁煙です。「建物1階出口とインターアイランドターミナルの間の屋外エリア」「屋根・囲いのない駐車場」などのいくつかが喫煙可能エリアとして指定されています。
ただしこれらの場所でも、出入口・窓・換気装置との距離が20フィート(約6m)以内は禁煙となるのでご注意ください。
また、帰国の際には出国手続きをしたあとは日本に到着するまで喫煙することはできません。喫煙エリア・ルールは変更されることもあるので、現地で再度確認してください。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)-喫煙に関して-

他の島へ行くため国内線を乗り継ぐ場合

国際線と国内線はターミナルが異なります。
国際線の到着地であるホノルルで入国審査、荷物の受け取りをしたあと、国内線ターミナルである「インターアイランド・ターミナル」またはさらに先にある「コミューター・ターミナル」へ移動します。
コミューター・ターミナルまでは少し距離がありますが、無料のシャトルバス「Wiki Wiki Bus(ウィキウィキバス)」で移動できます。
通常は、国内線ターミナルで改めて乗継便のチェックインをしますが、チェックインと手荷物預け入れの詳細については国際線・国内線を予約した航空会社で事前確認してください。

3. ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からワイキキ市街地へのアクセス

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からホテルが多いワイキキまでは車で約30分ほどです。
団体ツアー旅行では団体用出口に出迎えスタッフがいて、専用バスで移動します。
個人旅行の場合、主な交通手段として、一般のタクシー、空港送迎専用の定額タクシー、シャトルバス、レンタカーがあります。

タクシーを利用する

ハワイ-ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)-タクシー

タクシーの利用は最も早く移動できる方法です。
ターミナルの個人用出口を出て横断歩道を渡ったところにタクシー乗り場があります。係員に人数と行先を伝えて配車してもらうので安心です。

  • 料金:$40~$45(料金とその15%程度のチップの合計金額。他に荷物1個につき1ドルのチップが必要)
  • 所用時間:約30分

空港送迎定額タクシーを利用する

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)送迎定額タクシー乗場

チャーリーズ・タクシーは、空港からワイキキまで29ドル(チップ別)の定額で送迎するタクシーです。
日本語のウェブサイトから事前に予約できます。
到着後、個人用出口を出て左手にある公衆電話で日本語オペレーターを呼び出して配車を依頼します。

  • 料金:$29(15%程度のチップが別途必要、他に荷物1個につき1ドルのチップが必要)
  • 所用時間:約30分

シャトルバスを利用する

ハワイ-ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)-シャトルバス

空港からワイキキへ運行し、各ホテルを巡回するシャトルバスには予約不要の「スピーディシャトル」、事前予約が必要な「ロバーツハワイ」などがあります。

スピーディシャトル

事前予約できますが、予約なしでバス乗り場に行っても乗車できます。
乗客の宿泊ホテルを巡回するので、少し時間がかかることもあります。

  • 料金:$15.48(15%程度のチップが別途必要、荷物1個につき1ドル程度のチップが必要)
  • 所用時間:30分~45分

ロバーツハワイ

事前予約が必要です。1車両が巡回するホテルは5か所以内を確約しています。
2個までの荷物は無料ですが3個めからは追加料金がかかります。

  • 料金$16
  • 所用時間:約40分

その他の送迎シャトル

H.I.S.,JTBなどの旅行会社が提供する空港送迎プランを事前予約する方法もあります。
料金は$15程度です。
ホテルが専用送迎シャトルを運行していることもあります。
その他、現地ツアー会社などがさまざまな空港送迎プランを提供しています。その情報は日本人向けに日本語のウェブサイトなどで探すことができます。
人数が多い場合や家族旅行ではミニバンやリムジンなどの選択肢もあります。

レンタカーを利用する

レンタカーは日本から事前予約できるので、料金・車種・保険などを事前に調べて予約しておくと安心で時間も節約できます。
日本語対応のカーナビ(有料)をレンタルすることも可能です。

レンタカーの営業所は少し離れた場所にあります。
個人用出口を出て横断歩道を渡り、レンタカー会社行きのバス乗り場から各会社のシャトルバスが出発しているので、利用するレンタカー会社のバスに乗ります。
また2015年11月にダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)内にCAR RENTAL CENTER(カーレンタルセンター)がオープンし、更に便利になりました。
※レンタカーの詳細はこちらからご確認ください。
交通手段 -ハワイでの移動-
ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧ホノルル国際空港)からワイキキまではH-1高速道路経由で30分です。

ハワイから日本へ帰国するときの交通手段と注意点

ハワイ-帰国

ハワイから日本へ帰国するときも個人旅行の場合は上記でご紹介した交通手段を利用します。以下の点にご注意ください。

  • 空港までタクシーを利用するときはホテルのフロントで呼んでもらいます。荷物が多くなった場合や時間がない場合にはタクシーが便利です。
  • 空港送迎タクシーは自分で予約します。日本で事前予約するときに往復で予約をしておくこともできます。
  • シャトルバスを利用する場合は、巡回で時間がかかることもあるので、ホテルのピックアップ時間を帰国便の時刻から3時間前、またはそれ以上の余裕をもった設定にします。
  • 空港までレンタカーで行き、空港で返却する場合は、渋滞を想定して早めに出発します。
  • 空港には出発時刻の2時間くらい前に到着して余裕をもって手続きをします。
  • 帰国便では手荷物の重量と個数によって追加料金が発生することがあります。荷物の追加料金の規定は航空会社によって違うので、個別に事前確認しておきましょう。

More