海洋生物の研究や保護活動も行っている「Sea Life Park」へハワイの海の生き物を見に行ってきました!

2022.11.23

図鑑が大好きな息子に本物の姿を見せようと、週末にシーライフ・パーク・ハワイへ行ってきました!

シーライフ・パーク・ハワイはオアフ島の東端に位置し、マカプウ岬のすぐそばにあります。ワイキキから車で行く場合は約30分ほどです。行き・帰りとも1便のみですが、パークからは送迎バスも出ています。

行き:ワイキキ地区発 8:45~9:15
帰り:シーライフパーク発14:00
(ワイキキ地区着 15:00)

※詳しくは下記リンクを参照ください。
https://www.hawaiisealifepark.jp/pickup-schedule

予定に時間が合えばとっても便利ですね!

または、ワイキキ・トロリーのブルーラインに乗ったり、The Busの22番か23番に乗って向かう方法もあります。バスの場合は1時間弱かかると思っていた方が良さそうです。

左手の受け付けでチケットを購入します。当日購入の場合、$44.99ですが、オンラインの場合、割引があるようです。また、年に2回以上足を運ぶ方はAnnual Passがオススメです。

チケット購入サイト:https://www.sealifeparkhawaii.com/buy-tickets/day-tickets

パーク全体マップ

エントランスをくぐり、Shark Caveで悠々と泳ぐサメ達を横目にスロープを抜けると、ハワイでは幸運を運んでくれると言われている「ホヌ」ことウミガメがお出迎えしてくれました。ちょうど餌付け体験をしているところだったようで、何人かの子供が餌を与えていました。

海洋生物に対する研究や保護活動に取り組んでいるシーライフパーク。アオウミガメの繁殖もそのミッションの一つで、毎年200匹から800匹のアオウミガメの子ガメを海へ放流しています。ゴルフボールほどの大きさのアオウミガメの赤ちゃんが、その後野生で大人になるまで生き残れるのはたったの1000分の1だと言われています。外敵はもちろん、我々人間達の出したゴミが命取りになることも、、、海洋生物を守るため、ビーチでのマナーを守ることをしっかり心に留めておきたいですね。

これぞハワイ!という贅沢なオーシャンビューを背景にした施設で、可愛いアシカのショーが行われていました。水中でのアクロバットな姿と、地上での愛嬌いっぱいのお茶目な姿のギャップがたまらないです!

シーライフパークには小さなお子様向けのプレイグラウンドもあります。ちょっと写真ではわかりづらいのですが、プレイグラウンドの先には真っ青な海が広がっていて、ここはハワイで一番景色が綺麗なプレイグラウンドなのでは!?と思いました。親達は日陰でちょっと休憩です。

こちらはハワイアン・モンクシールのエリアです。

ハワイアンモンクシールはハワイ固有のアザラシで、約1500頭ほどしかいないそうです。カウアイ島に住んでいた頃はよくビーチで寝そべっている姿を見かけました。
シーライフパークは野生から保護された低体重のアザラシや捨てられたアザラシのリハビリを行うというプログラムを通じて、絶滅の危機に瀕しているハワイアンモンクシールの個体増加に貢献しているそうです。

チラッっとなんとも言えない表情でこちらを見てくれました。
絶滅危惧種ではなくなる日が早くきますように!

こちらは愛らしいフンボルト ペンギン。こんな暖かい場所にペンギン!?と思いましたが、南米に生息するペンギンだそうです。フンボルトペンギンも絶滅危惧種。悲しいことに人間による繁殖地の破壊や、主食である魚の乱獲が原因だとか。こんな可愛い姿ですが、猛スピードで泳ぎ、海から弾丸のように飛び出した後は、すくっと垂直に降り立ちすぐに歩くことが出来ます。この日はお腹が一杯だったのか、トレーナーさんからのお魚を頑なにいらない!とそっぽを向く姿が可愛かったです。

こちらは「ハレ・マヌ・バードケージ」と呼ばれる巨大な鳥籠。中には無数のインコ達がいます。入り口で餌のついた棒をいただき、無料で餌付けができます。このインコ達、手に乗ったり頭に乗ったり、写真を撮ろうとしていると携帯に乗ってきたり。とっても人なっつっこいです。

鳥類といえば、シーライフ・パーク内にはオナガ・ミズナギドリやハワイ・マンクス・ミズナギドリなどの海鳥のリハビリ施設があり、毎シーズン数百羽の鳥を保護し、野生にもどしているそうです。

こちらはドルフィン・ラグーン。日陰のオープンエアシアターでリラックスしながら、イルカたちのパフォーマンスを見ることが出来ます。そういえば、シーライフパークは2004年のハリウッド映画「50回目のファースト・キス」の撮影にも使われたそうですよ。

あいにくショーの時間ではなかったのですが、ちょっと覗いてみると、休憩中?なのか悠々と泳ぐイルカを目にすることが出来ました。シーライフパークには有料のオプショナルプログラムがあり、間近でイルカたちと触れ合うことが出来ます。

https://www.sealifeparkhawaii.com/plan-your-visit/things-to-do/animal-encounters

私もいつか参加してみたいです!その時はまたレポートさせていただきますね。

休憩中?のアシカも間近で見れました。とっても賢そうで、無駄のない体つき。美しいです。

パーク内にはお土産屋さんやレストランもあります。お土産屋さんの天井に鯨の骨を発見!こんなに大きいんですね!!

貴重な絶滅危惧種を間近で見たり、触れ合い体験が出来るシーライフパーク。訪れることで、海洋生物の研究や保護活動をサポートすることにつながり、理解が深められるとっても素敵なパークです。

どうぞご家族、お友達と絶景に佇むマリンパークを楽しまれて下さいね。

この記事に関連するタグ
  • オアフ島
  • オアフ島
  • 子供
  • キッズ
  • ハワイ
  • ドライブ
コラムの一覧
「LeaLeaハワイ フォトコンテスト 2022」開催! あなたの一枚がLeaLeaウェブのカバーフォトになるかも
「LeaLeaハワイ フォトコンテス…
2022.11.19

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース