ハワイ語を学ぶ特別オンライン講座 アーカイブ動画を公開!

2022.03.07

ハワイ州観光局では、2月のハワイ語月間「マヒナ・オレロ・ハワイ(Mahina ʻŌlelo Hawaiʻi)」の州法制定10周年を記念して、ハワイ語について学ぶ「マヒナ・オレロ・ハワイ特別講座」を4回にわたりライブ配信しました。

現在、ハワイ州は英語とハワイ語を公用語に指定していますが、かつてハワイ語の使用が禁止されていた時代がありました。1896年にハワイ語の使用が禁じられ、20世紀になるとハワイ語を話す人が激減し、その後1980年頃にはハワイ語を話せる人が2千人以下になり、ハワイ語は絶滅寸前でした。その頃、ハワイ文化復興運動(ハワイアンルネッサンス)が広がり、固有の言語なくして文化は残せないという考えのもと、ハワイ語を継承していくための教育が見直され、1978年にはハワイ語が英語と並びハワイ州の公用語として認定され、公立学校の必須科目になりました。現在は、ハワイ大学ヒロ校によるとハワイ語を話せる人はおよそ3万人いると推定されており、増加傾向にあります。2012 年のハワイ州改正法により、2 月をハワイ語の継承、使うことを奨励するハワイ語月間「マヒナ・オレロ・ハワイ」が制定されました。マヒナとはハワイ語で「月」、オレロとは「言語」を意味します。

今回開催しました特別講座は、ハワイ州観光局公式ラーニングサイト「アロハプログラム」で講師を務めるミイラニ・ヨシコ・クーパー氏を講師に迎え、ハワイ語の初心者も気軽に参加できるように基礎から学ぶ内容で構成しています。

定員の1,000名を超えるたくさんの方々にお申込いただき、追加募集も急遽行わせていただいた大好評のハワイ語セミナーをアーカイブ動画として公開いたしました。
ぜひ動画を通してハワイで大切に継承され守られてきたハワイ語に触れ、ご興味を持っていただける機会となれば幸いです。

第1回「ハワイ語の基本と歴史~ハワイ語の大切さ~」

第2回「アロハが持つたくさんの意味 ~ハワイ語からハワイアンの価値観を学ぶ~」

第3回「ハワイ語であいさつ ~旅行者でも使えるハワイ語講座~」

第4回 「次のハワイ旅の参考に…街で見かけるハワイ語 ~探してみよう身近なハワイ語~」

更にハワイ語を深く学びたい方へ

また、ハワイ州観光局公式ラーニングサイト「アロハプログラム」では、全12回にわたるハワイ語ウェブセミナーや読んで学ぶハワイ語講座を公開しています。よりハワイ語を詳しく、深く学びたい方は是非こちらもご覧ください。

この記事に関連するタグ
  • ハワイアンカルチャー
  • マラマハワイ
  • ハワイ
3月ハワイのホテルやショッピングセンター、レストラン最新情報まとめ
3月ハワイのホテルやショッピングセン…
2022.03.08
コラムの一覧
ハワイ州、セーフ・トラベルズ・プログラムを3月25日で終了
ハワイ州、セーフ・トラベルズ・プログ…
2022.03.02

最新の「ハワイ州観光局ニュース」