ハワイ州観光局7代目親善大使に、五十嵐カノア選手が就任

2020.02.18

2020年2月18日、ハワイ州観光局7代目親善大使にプロサーファーの五十嵐カノア選手(木下グループ所属)が就任しました。

プロサーファーとして多くの国際大会に出場し、優勝経験もある五十嵐カノア選手にスポーツを通じて、ハワイの魅力だけでなく海の環境保護についても伝えていただきます。

五十嵐カノア選手からのメッセージ

日本のみなさまAloha! 五十嵐カノアです。
この度ハワイ州観光局親善大使に就任しました。就任できたことを光栄に思います。

3才からサーフィンの起源でもあるここハワイでサーフィンを始めました。
世界中でサーフィンをしてきましたが、ハワイの海は一歩足を踏み入れた瞬間からエネルギーを感じます。
ハワイはサーフィンの発祥の地でもあることを知らない方もいるかと思いますが、デューク・カハナモクがここハワイでしていたサーフィンが原点です。

僕にとってのハワイは、サーフィンのトレーニングをする“道場”と試合会場、そして休養をする場所。それら3つがハワイには揃っています。またハワイは、リフレッシュできて、リラックスできて、写真に収めたくなるような美しい場所がたくさんあるところです。

ハワイに来ると「帰ってきた」と感じます。親善大使に就任したことに誇りを感じますし、僕にとって特別なこの島とのより深い関わりを持てたと思います。
プロサーファーやプロのスポーツ選手として活躍するだけでなく、メッセージを伝えたり、海の環境保護に貢献していきたいです。

日本のみなさまとお会いすることを楽しみにしています。
美しい太陽の下でみなさまにぜひハワイを楽しんでいただきたいです。

五十嵐カノア選手
プロサーファー (木下グループ所属)
2009年、11歳の時、NSSA(National Scholastic Surfing Association)主催の大会で、1シーズン中の最多勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。
2012年、USA Championship U-18を史上最年少の14歳で優勝。
2016年、史上最年少、アジア人で初めて、プロサーフィンの世界最高峰、WSL チャンピオンシップツアー(CT)2016に参戦し、2017年には、地元ハンティントンビーチで開催されたWSL Vans US Open(WSL QS10,000)で優勝する。
2019年には、CT第3戦の「Corona Bali Protected」でアジア人初の優勝を成し遂げた。
サーフィンが正式公開種目となった国際大会では、最も注目される選手の一人である。

五十嵐カノア選手からのメッセージ動画

【ハワイ島】キラウエア火山噴火に関する最新情報(2020年2月21日 更新)
【ハワイ島】キラウエア火山噴火に関す…
2020.02.21
コラムの一覧
カルビーの『フルグラ® トロピカルココナッツ味』をハワイ州観光局公認商品に認定
カルビーの『フルグラ® トロピカルコ…
2020.02.10

最新の「ハワイ州観光局ニュース」