ジャスティン カヴィカ ヤング

Justin Kawika Young

プロフィール

1995年にソングライティング・コンテストで優勝したのをきっかけに、10代でデビューのチャンスを掴む。デビュー・アルバム「No Better Time Than Now」はハワイで大ヒット。その甘いルックスとソフトなボーカル、R&Bテイストのアイランド・レゲエという音楽スタイルで、ハワイの女性たちから人気を集め、「Soothe You」(1997)「My Eyes Adore You」(1998)とアルバムを連続ヒットさせる。

2000年に活動拠点をLAに移す。
アコースティック・ギター・サウンドを前面に出した西海岸サーフ・ロックのテイストも加わり、音楽性を広げながらアルバムをコンスタントにリリースし続ける。2003年の「One Foot on Sand」は、自身のルーツであるハワイを強く意識した原点回帰的内容のアルバムで、特に完成度も評価も高かった。
2000年代に計7枚のアルバムをリリースした後、人気アーティスト、コルビー・キャレイと親交を深め、ステージやレコーディング、プライベートで行動をともにするようになる。

2013年の「Makai」がJustinYoung名義での最後のソロ・アルバムで、現在はパートナーのコルビーと組んだ4人組バンド「Gone West」のメンバーとして活動するかたわら、アーティスト名をKawika Youngに変更しシングル曲を発表している。

ディスコグラフィ

No Better Time Than Now (1995)
Soothe You (1997)
My Eyes Adore You (1998)
Justin and Friends Collection (2000)
Y2J (2000)
The Dreaming Kind (2001)
Postcard (2003)
One Foot on Sand (2003)
Demo Sessions... (2005)
All Attached (2007)
EP (2012)
Makai (2013)

アーティスト名
ジャスティン カヴィカ ヤング
ウェブサイト
http://www.kawikayoung.com/

このページの問題点を報告