海に捨てられた漁網からつくるアクティブウェアブランド「カイラ・アクティブ」

2022.07.28

SDGsの課題に取り組むファッションブランドが増えてきた中、海に捨てられた漁網を使ったアクティブウェアを取り扱うブランド、「カイラ・アクティブ」がご紹介します。自然を愛する気持ちをブランド設立のテーマにしたカイラ・アクティブのアクティブウェアは、ヨガやハイキングのあとにそのまま着替えずにビーチにも行けるデザインになっています。速乾性が高く、水中外で着用できるデザインにすることによって1着で複数の着こなしができ、ミニマムなライフスタイルを取り入れることができます。

毎年64万トンの漁で使われ道具が海に落ちてしまい、海中のプラスチックゴミの約10%を占めています。海流によってハワイとカリフォルニア州の間に海洋ゴミが集まる、太平洋ゴミベルトの46%は廃棄されたネットやロープが占めています。ウミガメやイルカなどの海洋生物はこれらのゴミに絡まってしまい、サンゴ礁を傷つけ必要な日光を遮ってしまいます。

創業者兼デザイナーであるハワイ育ちの日本人女性トミタ・ハンナさんは、大学卒業後にファッション業界で働きながら、ファストファッションが環境問題に影響する課題について考えるようになり、生まれ育ったハワイの海が破棄された漁網によって汚染されていることニュースを頻繁に耳にしました。そこで、世界中のボランティアダイバーと協力し海から漁網を回収する非営利「ヘルシーシーズ」と提携し、100%廃棄物からつくられた「エコニール」というナイロン生地を使ったアクティブウェア会社「カイラ・アクティブ」を創設しました。

エコニールとは漁網や使い古されたカーペットといった廃棄物を100%原料にしたリサイクルナイロンで、カイラ・アクティブは生地の80%にエコニールを使用しています。イタリアのアクアフィル社が4年間かけて開発した技術で、環境配慮型として世界中から注目が集まり、「プラダ」、「グッチ」、「バーバリー」、「H&M」などサステナビリティを推進するブランドで採用されています。

ヘルシーシーズは、イタリアを拠点としボランティアダイバーが海洋生物に悪影響を与える海洋ゴミを回収して、海洋の浄化に努めるとともに、環境と経済の持続可能性を目指し、高品質の繊維原料として新たな製品をつくる取り組みを行っています。カイラ・アクティブでの各購入の1%がヘルシーシーズに寄付されます。

ヘルシーシーズ公式ウェブサイト

カイラ・アクティブは、ブランド設立への思いとウェアができるまでに関わる人のストーリーをドキュメンタリーとして制作するため、クラウドファンディングを募っています。
クラウドファンディングはこちらから
https://www.zenes.jp/projects/kaira-active

この記事に関連するタグ
思わず食べたくなっちゃうほどかわいいバスコスメの数々!「ネクター・バス・トリート」がシェラトン・ワイキキにハワイ初店舗をオープン
思わず食べたくなっちゃうほどかわいい…
2022.08.02
コラムの一覧
カイルアからハワイのブランドやサステイナブルブランドを発信!Classic Waves Boutique
カイルアからハワイのブランドやサステ…
2022.07.26

「買い物」の最新コラム&ニュース