旅行のための必要書類を用意

事前に、オンラインで登録、渡航情報・健康状態を申請後、
取得したQRコードをスマートフォンに保存または印刷した紙を
ご持参ください。

日本からハワイ旅行をする方は、出発前にハワイ州の「Safe Travels Program (https://safetravels.hawaii.gov/ )」へ登録し、健康状態や渡航情報の申請が義務付けられています。ハワイの空港到着時に、パスポートと共にSafe Travels Programより取得したハワイ州トラベル&ヘルスフォームのQRコードを提示する必要がありますので、事前にご準備ください。

ビザ免除プログラム(VWP)で渡米される方は、エスタ(ESTA)の取得が必要となりますので詳しくはこちらをご覧ください。

ハワイ州トラベル&ヘルスフォームには、到着時の健康状態により必要となる自己隔離措置についての情報も記載されています。

日本からハワイ到着後の14日間自己隔離の免除を受けるためには、ハワイ州の定める以下の条件に沿った陰性証明書を入国時に提示する必要があります。

  • ■日本を出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の検査を受診
  • ■ハワイ州保健局指定の医療機関※にて、厚生労働省認可のPCR検査含む核酸増幅検査(NAAT)を受診
  • ■ハワイ州保健局が指定する陰性証明書の取得

陰性証明書についての詳細はこちらをご覧ください。
※ハワイ州保健局が指定する医療機関が確定次第、WEBサイト上で、発表させていただきます。

【米国本土経由からハワイ州到着について】
米国本土経由でハワイ州へ入島する場合、10月15日以降、最終経由地を出発する72時間以内にハワイ州保健局に認定を受けた医療機関で、アメリカ食品医薬局(FDA)により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAAT)を行う必要があります。その上で陰性証明書を提示することが出来る場合に限り、ハワイ州到着後の14日間自己隔離が免除されます。到着時に、陰性証明書の結果を提示できない旅行者は、陰性結果が提出できるまでは14日自己隔離となります。

詳細は、下記サイト(英語)にてご確認下さい。
COVID-19 Hawaii State Department of Health Trusted Testing and Travel Partners:https://hawaiicovid19.com/travel-partners/

14日間自己隔離とは?

  • ・自己隔離措置を行う場所は滞在先の宿泊施設(ホテルやコンドミニアム等のお部屋)となります(ハワイ居住者の場合は自宅)
  • ・ハワイへの到着後は、どこにも立ち寄らずに空港から直接宿泊先に向かってください
  • ・レストランや会議室、ジム、プールなどの公共施設の利用はできません
  • ・外出は緊急の場合での医療施設を利用する場合のみ許可されます
  • ・宿泊先には原則、医療関係者の出入りのみが許可されます
  • ※上記のハワイ州が定める義務に従わない場合、罰則が科せられる場合がありますのでご注意ください。

    詳しくは、FAQの事前検査プログラムをご覧ください。

ハワイ州トラベル&ヘルスフォーム
QRコード取得の流れ

STEP
1

Safe Travels Program へ
オンライン登録する

Safe Travels Program のウェブサイトにて新規アカウントを作成し、必須項目、旅行情報などの入力を行います。

STEP
2

出発24 時間以内にアンケートに答えてQRコード取得

出発24 時間以内からアクセスできるSafe Travels Program のアンケートページにて、健康状態について回答すると、登録したメールアドレスまたは携帯電話テキストメッセージにQR コードが届きます。

STEP
3

ハワイの空港で
コードを提示する

ハワイに到着後、以下を提示する必要があります。

  • ・QR コード(スマートフォンの画面または印刷した紙)
  • ・身分の証明できるもの(パスポートなど)
  • ・携帯電話番号
  • ・陰性証明書がある場合はあわせて提示下さい