ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト
all_hawaii

最新情報

What’s New

米国入国に新型コロナウイルス感染症陰性証明書提示が義務化

2021年1月13日

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)は米国に入国する全渡航者を対象に、新型コロナウイルス感染症陰性証明書の提示を義務化することを米国時間2021年1月12日に発表しました。こちらの施行は米国時間2021年1月26日から開始となります。

アメリカ疾病予防管理センタープレスリリース
https://www.cdc.gov/media/releases/2021/s0112-negative-covid-19-air-passengers.html

米国(ハワイを含む)全渡航者は米国へ出発するフライトの3日以内に受診した新型コロナウイルス感染症検査の陰性証明書(印刷またはデータ)を航空会社チェックインカウンターにて必要書類とともに提示が求められます。陰性証明書を提示できない(提示しない)利用客に対して、航空会社は搭乗を拒否する義務があります。

米国に渡航される方は事前に新型コロナウイルス感染症検査を受診され、陰性証明書を入手されることを強くお勧めいたします。

*今回のCDCの発表にかかわらず、ハワイ州に訪問する渡航者の10日間自己隔離を免除には、ハワイ州指定医療機関で受診した核酸増幅検査(PCR検査含む)の陰性証明書の提示が必須となります。ハワイ州指定医療機関以外で受診した核酸増幅検査(PCR検査含む)の場合は免除の対象外となるため、ハワイ州到着後10日間自己隔離が義務付けられます。

また、米国入国の場合とハワイ州訪問の場合での幼児陰性証明書取得の規定に相違がありますのであらかじめご確認ください。

幼児陰性証明書取得について