ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト
all_hawaii

最新情報

What’s New

11月6日以降ハワイ渡航者に向けてのご案内

2020年11月4日

現在ハワイ州は、2020年11月6日(金)からの日本向けの事前検査プログラムの開始に向けての準備をしております。ハワイへの渡航をご予定の皆様は下記の渡航準備について再度ご確認ください。

【ハワイ渡航前の準備】

ハワイ渡航前に、オンラインシステム「Safe Travels Program」に登録、渡航情報・健康状態を申請後、取得したQRコードをスマートフォンに保存または印刷した紙をご持参ください。

ハワイ渡航前の準備の詳細はこちら


【ハワイ州トラベル&ヘルスフォーム QRコード取得の流れについて】

出発24 時間以内に健康状態に関する申告フォームに答えてQRコードを取得してください。

Safe Travels Program へオンライン登録の詳細はこちら

Health Questionnaire(健康状態に関する申告フォーム)申請方法の詳細はこちら

     


日本からハワイへ到着後、14日間自己隔離の免除対象となるためには、ハワイ州の定める以下の条件を満たす必要があります。


・日本を出発する72時間以内に新型コロナウイルス感染症の核酸増幅検査(NAT)を受診
・ハワイ州保健局指定の医療機関(こちら)にて、厚生労働省認可のPCR検査含む核酸増幅検査(NAT)を受診
・ハワイ州が指定する陰性証明書の取得*


下記内容を必ずお読みください。

  • 日本出発までに陰性証明書原本を取得し、必ずご持参ください。
  • 陰性証明書はハワイ州保健局が指定する医療機関でのみ発行が可能です。
  • ・陰性証明書を取得された方は、Safe Travels Programへ証明書のデータを事前にオンライン上でアップロードしてください。画像が鮮明でない場合はこのシステムが認証できない場合あります。
  • ・新型コロナウイルス感染症検査の結果が保留のまま渡航された方は、陰性証明書の原本をSafe Travels Programにアップロードして提出、承認されるまで14日間自己隔離の対象になります。(提出してから承認までに2-3日かかる場合もございます。)
  • ・搭乗手続き時に空港チェックインカウンターにて陰性証明書並びにその他書類をご提示いただきます。
ハワイ州指定新型コロナウイルス陰性証明書イメージ

【新型コロナウイルス陰性証明書について】

詳細は、こちらをご確認下さい。


【ハワイ滞在中の対応について】

ハワイでは、各所にて州で定められたガイドラインに沿った安全・衛生対策に取り組んでおり、訪問者の皆様にも公共の場でのマスク着用が義務付けられております。ハワイ州が定める感染予防へのご協力を何卒よろしくお願いいたします。

ハワイ滞在中のマスク着用をお願いいたします。

ハワイ滞在中の4つの予防習慣などハワイ滞在中の対応についての詳細はこちら


【ホノルル市:再開に向けて段階的緩和システム】

ホノルル市は9月24日(木)より“Stay-at-Home, Work-at-Home Order”による規制を緩和し、段階的システム“Tier System”によるいくつかの条件のもと、オアフ島のビジネス・活動が再開しています。

現在(11/1現在)ホノルル市はステージ2の段階でビジネスが再開しています。