ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト
all_hawaii

コラム

Column

ハワイでのワクチン接種状況(2021/9/7時点)

2021年9月7日

ハワイでのワクチン接種状況について

ハワイ州は、2020年12月15日から医療従事者を中心に新型コロナウイルス感染症のワクチン摂取が始まり、ワクチン接種対象枠をエッセンシャルワーカー、高齢者、健康状態がハイリスクの住民などに分けて接種を順次行なっています。

現在、新型コロナウイルスワクチン接種は12歳以上が対象となっています。

============================
ハワイ州全体 2回接種完了:州民の64.3%
============================
2021/9/7時点

2回接種完了率は64.3% 
ハワイ州では、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種は順調に進行し、現在約189.8万回の接種をおこない、州民の64.3%は、2回目の接種も完了しています。

ハワイ州ワクチン接種合計回数:1,898,536回
ハワイ州全体 2回接種完了:州民の64.3%
ハワイ州全体 1回以上接種:州民の72.6%

各島のワクチン接種状況

2回接種完了の市郡人口別の接種状況で見ると、以下のように報告されています
ホノルル市郡(全人口約984,819人):66% 
ハワイ島郡(全人口199,457人):61% 
マウイ郡(モロカイ島、ラナイ島含む 全人口166,043人):57% 
カウアイ郡(全人口:71,767人):63%

年代別のワクチン接種状況

年代別では75歳以上は、人口の92.2%が2回の接種完了、
65歳~74歳は、97.4%が2回の接種を完了していると報告されています。

また、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種スケジュールでは現在、Phase 2(16歳以上)の州民に接種を開始し、12-17歳までの1回目の接種完了率は56.1%、18-29歳までの2回の接種完了率は、58.2%です。