Shino Matsuda

Shino Matsuda

松田 詩野

(2002年8月13日生まれ)

実家が海岸に近くにあり、両親がロングボード・ボディボードをやっていたことから、自然とサーフィンをやるようになった。
小学生になる頃、サーフショップに体験に行ったことをきっかけにサーフィンをスタート。
初日にすぐに波乗りをマスターして、一瞬の感覚に取り憑かれた彼女はサーフィンにのめり込んでいく。
10歳から大会にも出場し始めると、全国にサーフィンを通した友達が増えていき、更に活躍して行きたい!と感じる様になった。

中学生になると一気に成長し、結果を手にした。
中学2年生の時には、NSA第51回全日本サーフィン選手権大会、第34回全日本級別サーフィン選手権大会にて優勝を収めるなど、アマチュア4大大会のうち、2大会を制覇する。
また、JPSA (日本プロサーフィン連盟) でも満点を叩き出し、日本プロサーフィン連盟 (JPSA) 公認プロ資格を取得した。日本プロサーフィン連盟(JPSA) 公認プロ資格を取得した。中学3年生になる頃、プロ転向を決意し世界ツアーへの参戦を決めた。プロ転向後は、苦労の時期もあったが、2018年オリンピック会場で開催されたWSL 一宮千葉オープンで優勝を飾り、ISA世界ジュニアサーフィン選手権 U-16で準優勝を果たし、団体では優勝も手にした。

2019年5月に初めて開催された、日本選手権ジャパン オープン オブ サーフィンでは、初代女王に輝いて日本代表にも選出された。同年9月世界選手権である、ISA ワールドサーフィンゲームスでアジアでの最高位を記録し、国内唯一の東京2020オリンピックにおける条件付き出場権を入手したことで注目される存在となった。

そのビジュアルからは想像できない、ダイナミックで攻めたライディングと冷静な試合運びは、誰もが虜になる国内トップサーファーの一人だ。笑顔が素敵な松田誌野選手の更なる活躍に期待したい!

マネジメント会社:株式会社ケイズプロジェクト

主な実績・記録

  • 2016年:WSL Women’s Qualifying Series JAPAN リージョナルチャンピオン
  • 2017/2018年:WSL JAPAN ウイメンズジュニア年間チャンピオン
  • 2018年:WSL #24 QS1000 「Ichinomiya Chiba Open」 優勝、ISA World Junior Surfing Championship U-16 Girls 日本代表/個人 2位、団体 1位
  • 2019年:「第1回 ジャパンオープンオブサーフィン」 優勝、ISA 「ISA World Surfing Games」 アジア最高位獲得※2020東京オリンピック 条件付き内定獲得
  • ISA 世界選手権 日本代表(2019年/2020年)
  • 日本サーフィン連盟 2019/2020年度 強化A指定選手
  • 2020TOKYOオリンピック 条件付き内定獲得
  • 2020 JPSA特別戦 「さわかみ チャレンジシリーズ 鴨川」準優勝
  • 2020「第2回 ジャパンオープンオブサーフィン」4位
Shino Matsuda Shino Matsuda Shino Matsuda Shino Matsuda