Malia Manuel

Malia Manuel

マリア・マニュエル

(1993年生まれ)

1993年カウアイ島生まれ。父は生粋のハワイアンの血を引き、母ともに2人揃ってサーファーの両親の元に生まれる。両親に連れられ、3歳で初めてタンデムサーフィンをしたのがサーフィンとの出会い。以降、10歳からはコンテストに参戦し始め、2008年には若干14歳にしてU.S. オープン・オブ・サーフィンのタイトルを獲得して、最年少記録を樹立。2011年からはCT(チャンピオンシップツアー)に加わり、世界各地で開催されるCTイベントに出場するベテラン女性サーファー。女性らしいしなやかなライディングと持ち前のナチュラルビューティーから、世界を代表する人気のある女性ショートボーダーとして活躍している。

 

 

 

主な実績・記録

  • 2008年:USオープン・オブ・サーフィンにて優勝、史上最年少記録を樹立
  • 2012年:ASPウィメンズ・ルーキー・オブ・ザ・イヤーを獲得
  • 2016年:VANS USオープンにて準優勝
  • 2017年:オーストラリアン・オープン・オブ・サーフィンにて優勝
  • 2019年:リップカール・プロにて準優勝
  • 2022年:WSL ハーレー・サンセット・プロにて準優勝
Malia Manuel Malia Manuel