Laird Hamilton

Laird Hamilton

レイアード・ハミルトン

(1964年生まれ)

カリフォルニア州生まれ、ハワイ州育ちの世界的に有名なビックウェーバー。幼少期にオアフ島に移住後サーフィンと出会い、以後、持ち前の抜群の運動能力と強い精神力でサーフィンの道を極め、アクションウォータースポーツ界のパイオニア的存在として知られる。ウォータースポーツにボードスポーツを取り入れたトウインサーフィンやスタンドアップパドル、またハイドロフォイルボーディングなどさまざまな新しいウォーターボードスポーツを生み出した発明家でもある。著名なサーファーとしてサーフィン映画の出演やウォータースタントマンとしてメディアでも活躍する傍ら、自身の経験を活かした著書の発行やフィットネスと栄養学のエキスパートとしてトレーニングプログラムの推進などさまざまな分野で活動をしている。

主な実績・記録

  • 1992年:親友のデリック・ドーナーと共にパドルでは乗り切れない巨大な波でトウインサーフィンを始める
  • 1995年:映画、ウォーターワールドにスタントマンとして出演
  • 2003年:映画、ステップ・イントゥ・リキッドに出演
  • 2008年:自身の経験を活かした著書「フォース・オブ・ネイチャー(Force of Nature)」を発行
Laird Hamilton