Kelia Moniz

Kelia Moniz

ケリア・モニーツ

(1993年生まれ)

1993年オアフ島生まれ。ワイキキビーチにてサーフスクール「Faith Surf School」を営む元プロサーファーの父トニー・モニーツと母タミー・モニーツの長女として生まれる。また、それぞれにサーフィン業界で活躍する4人の弟たちの姉、5人兄弟の紅一点として生粋のサーファー一家に育つ。幼少時代から「シス(Sis)」のニックネームで親しまれ、ワイキキビーチでサーフスクールを営む両親のかたわら、物心ついた頃からサーフィンを始め、持ち前の才能から「ワイキキのプリンセス」と呼ばれるにふさわしいサーファーとしての頭角を現し、14歳からはプロとしてコンテストシーンにも参戦。2度の世界チャンピョンの栄冠を持つ彼女は、華麗なステップで踊るようにボードの上を歩いて波に乗るスタイリッシュなライディングで知られ、ロングボードの実力だけでなく、類い稀なる美貌とサーフスタイルから人気サーフブランド「ROXY」の顔として長年活躍している。ハワイだけでなく世界中の多くの女性サーファーたちの憧れの存在として、プロロングボーダー、ROXYモデルとして活動を続けながら現在は男児の母としての顔も持ち、今後の活躍もますます目が離せないサーファーのひとり。

主な実績・記録

  • 2012年:オーストラリアン・ロングボード・サーフィン・オープンにて優勝
  • 2013年:スウォッチ・ガールズ・プロ・チャイナにて優勝
  • 2012年&2013年:ASPウィメンズ・ワールド・ロングボード・チャンピオンシップのタイトルを獲得
Kelia Moniz Kelia Moniz