Ben Aipa

Ben Aipa

ベン・アイパ

(1942年−2021年)

1942年、カウアイ島生まれ、オアフ島ホノルル育ち。ハワイを代表するサーファー&シェイパー。22歳のときに偶然ビーチでサーフボードを拾ったのがきっかけでサーフィンと出会い、2年後には、親友のエディ・アイカウと競うためにデューク・カハナモク・インビテーショナルに参戦し、決勝へ進出するほどの腕前に上達。セミプロのフットボーラーとして活躍していたほどの体格を活かしたダイナミックなライディングから、パワーサーファーとして60年代、70年代はコンペティターとしても活躍。サーフィンを始めた同年にはサーフボードのシェイピングも始め、サーフィンのパフォーマンスレベルを引き上げたスワローテールやスティンガー、またモダンロングボードを考案し、革新的なサーフボードシェイパーとしても知られる。また、シェイパーとしてサーフボード作りを邁進する傍ら、サニー・ガルシアやベサニー・ハミルトンなど数々のトッププロのコーチングも手掛けるなど、多方面でサーフィン史に偉業を残したサーファーとして多くのローカルサーファーに敬愛される存在。

主な実績・記録

  • 1970年:Aipa Surfboardsを設立
  • 1972年:スワローテールボードを考案
  • 1974年:スティンガーボードを考案
  • 1989年:United States Surfing Championship グランドマスター部門優勝
  • 1992年:The Surfing Hall of Fame サーフィン界殿堂入り
  • 2000年:U.S. Championships レジェンド部門優勝
  • 2004年:米紙サーフィン・マガジンにて歴代トップ10のシェイパーに選ばれる
Ben Aipa Ben Aipa Ben Aipa