Andy Irons

Andy Irons

アンディ・アイアンズ

(1978年7月24日〜2010年11月2日)

1978年カウアイ島にて元競技スキー選手だった母とサーファーの父の間に生まれた天才レジェンドサーファー。持ち前の才能と恵まれた環境の中でアマチュア時代だった90年代からその実力を発揮。90年代後半にはプロツアーに参戦を始め、タヒチとカリフォルニア州ハンティントンビーチで行われたコンテストでの優勝を機に、当時不動の王座を守っていた世界チャンピオン、ケリー・スレーターの座を脅かす新世代の誕生として注目された。初めて世界タイトルを獲得した2002年から3年間は、毎年ケリー・スレーターとのトップ争いを繰り返し、「世界中どこを探しても、あれほど果敢にビッグウェーブをメイクし、小波も難なく乗りこなす技量の高いサーファーは、アンディ・アイアンズだけ」と言われたほど、彼の活躍は世界中のサーファーたちを虜にした。2010年11月に不慮の事故で亡くなった今もなお「ハワイ出身の偉大なサーファー」として多くのサーファーに語り継がれている。