ハワイで海洋生物に出会ったら・・・?

ハワイで海洋生物に出会ったら・・・?

ハワイのビーチや海で遊んでいると、ウミガメ、イルカ、クジラ、モンクシールに遭遇することも多いのですが、ハワイでこれらの海洋生物に遭遇したら、どうするべきかご存知ですか?

 

ハワイは、世界の絶滅危惧種の宝庫と称されるほど、貴重な生物がたくさん生息しています。米国の調査(2015年)によると、絶滅危惧種といわれる動植物は503種類も生息しているといわれています。
このように、世界的にも貴重な絶滅危惧種が生息するハワイでは、素晴らしい楽園を、次世代まで保つために、ハワイを訪問する皆さまが、Mālama Hawaiʻi (マラマハワイ)といって、ハワイを思いやる気持ちを持って、ウミガメ、イルカ、クジラ、モンクシールといった絶滅危惧種への保護活動にご協力をお願いしています。

ウミガメ、ハワイアンモンクシール(アザラシ)、イルカ、クジラは、州法と連邦法のもとで保護されているため、触ったり、餌付けすることは禁じられています。
さらに、生息区域を損なわないように、決められた一定距離を保って、離れて観察することも決められています。
違反された場合は、罰金が科せられますのでご注意ください。

野生の海洋生物は、とてもデリケートなため、ビーチ滞在時やマリンスポーツ中に遭遇した場合は、自身の安全のためにもマナーを守って観察し、推薦距離以内に近づかないようにご協力をお願いします。

 

■ ウミガメと出会ったときは?

ウミガメは、ハワイ語で「ホヌ」といい、ハワイではとても神聖な生き物とされ、幸運を運んでくる「海の守り神」といわれています。
海中でも陸でも、出会ったら、幸せな気分になる方もいらっしゃると思いますが、最低3メートル以上の距離をおきましょう。
ビーチによっては、約6メートル(20フィート)、約9.1メートル(30フィート)と推奨距離があり、ビーチの近く注意書きがありますのでご確認ください。

 

■ イルカやクジラと出会ったときは?

大自然に生きるイルカ、クジラの姿を見ることができるのは、豊かな自然が残っている証拠でもあります。
しかし、接近しすぎたり、急に動いたり、騒音をたててしまうと、休息、授乳、繁殖、遊びといった彼らの普段の生活を妨害することになりかねません。彼らの習性や行動を妨げることは、アメリカ連邦政府の法律で禁止されています。
イルカ、クジラに出会ったら、以下の一定の距離をおきましょう。
また、接近して一緒に泳いだり、追っかけたり、餌を与えたりすることもご遠慮ください。

イルカ:最低45メートル以上の距離
クジラ:最低90メートル以上の距離

 

■ ハワイアンモンクシールと出会ったときは?

ハワイアンモンクシールが、ビーチで休息していたり、睡眠をとっていることもありますが、最低15メートル以上の距離をおいて、観察してくださいね。