ハワイ発サーフブランド物語〜T&C Surf〜

ハワイ発サーフブランド物語〜T&C Surf〜

創業1971年、今年で51周年を迎えるT&C Surf(タウン・アンド・カントリー・サーフ)は、ローカルサーファーはもちろん、ハワイの住人たちにも長年愛され続けているハワイを代表する世界的に有名なサーフブランドです。

 

生まれも育ちもハワイの生粋のロコボーイ、クレッグ・スギハラ氏がサーフボードを作り始めたのは1966年のこと。ビッグサーファーそしてシェイパーとして世界中のサーファーたちから敬愛されたレジェンド、グレッグ・ノール氏をはじめ、ボードのシェイピングだけでなくグラッシングやラミネートなど様々な名人からひと通りのボード作りを学び独立を決めたのが1971年。オアフ島の中心エリアにある小さなタウン、アイエアに最初の店舗をオープンしました。

ハワイに暮らすローカルの間ではホノルル市内はタウン、ノースショアはカントリーという愛称で呼ばれています。ショップをオープンしたアイエアが、当時からサーフィンのメッカとして知られるワイキキビーチがある「タウン」と巨大な波で知られるノースショア「カントリー」をつなぐ1本道、カメハメハ・ハイウェイ(Kamehameha Hwy)が通る中間地点にあることから、ブランド名「タウン&カントリー(Town and County)」が生まれました。

開業以降、ブランドの知名度をグングンと上げたのは、クレッグ氏の先見の明でした。開業当時の1970年代、カリフォルニアで生まれたウレタン製のスケートボードのウィール「キャデラック・ウィール」やサーフボードの歴史を塗り替えた「ツインフィン」「スラスター」など、当時のハワイのサーフシーンやスケートボードシーンでの爆発的に流行したアイテムはすべてオーナーのクレッグ・スギハラ氏がアメリカ本土からハワイに持ち帰り広めたモノなのです。また、現在アメリカ本土やハワイ、日本でも人気を集めている保温・保冷が抜群のステンレス製ボトル「ハイドロフラスク」をハワイに持ち込んだのもクレッグ氏。ハワイのサーフシーンやスケートボードシーン、果てはライフスタイルシーンに至るまでトレンドセッターとして現在までの歴史を築き上げてきたのです。

また、開業当時から彼らがスポンサーするチームライダーたちの活躍も、T&Cのブランド名を世界中に広めた大きな理由です。近代のサーフスタイルの立役者となったラリー・バートルマンやパワフルなスタイルで知られたデーン・ケアロハ、またエアリアルの先駆者クリスチャン・フレッチャーなどハワイのサーフィン史に歴史を残すそうそうたるメンバーがブランドとともにサーフカルチャー自体を牽引してきたと言っても過言ではありません。

毎年T&C主催でワイキキビーチで行われる子供向けのサーフコンテスト「グロム(子供の意)・コンテスト(Grom Contest)/ https://events.tcsurf.com 」が、今年は遂に6月に再開催を決定。ハワイに来る機会があれば、ぜひ立ち寄って見て欲しいイベントのひとつです。

https://www.tcsurf.com