オアフ島

イシハラヤ プランテーション ティー クッキー

Ishiharaya Plantation Tea Cookie

ハワイで100年の歴史を誇る日本のお煎屋さん

ワイキキからオアフ島の西方面に車で30分ほど行ったところに、ワイパフという町があります。ここに100年以上前に日本から移住してきた日本人「石原さん」が創業したお煎餅屋「イシハラ・プランテーション・ティー・クッキーズ」というお店があります。地元の人の間でも良く知られたブランド「イシハラ・センベイ」は、日本で言う ”瓦煎餅” のようなサクサクとした甘い素焼きのお煎餅で、店内で焼いて販売しています。ハワイの人は昔からクリスマスプレゼントやお土産、付け届けにイシハラヤのお煎餅を買い求める人が少なくありません。

現在は3代目のイシハラ・イラさんが、煎餅の製造と経営も切り盛りしており、お煎餅を焼く機械は40年前のものをそのまま使用、当時の味を変わらず継承しています。 
ワイパフのお店を訪ねると、こじんまりとした店頭には作り立てのお煎餅が並んび、店の後ろでは窓ガラス越しにイラさんがお煎餅を作っている姿をたまに見る事が出来ます。

イシハラ煎餅は、スーパーで買うより足を延ばして買いに行きたいお店です

「イシハラ・プランテーション・ティー・クッキーズ」では「生姜煎餅」「瓦煎餅」「オリジナル煎餅」「ごま煎餅」の4種類の煎餅を提供しています。中でも製造に最も時間がかかる生姜せんべいが、地元の人に一番人気があります。
煎餅を焼いて、生姜シロップをかけて、温め直す、という3日間の工程を経て出来上がる、代々受け継がれてきた情熱と拘りは現在も受け継がれ作られています。是非一度お楽しみください。

ホノルル市内のスーパーでも取り扱っていますが、ドライブでオアフ島の西に向かう時、高速道路をちょっと下りて立ち寄ってみてください。プランテーション時代を彷彿とさせる空間が店内に残っており、どこか懐かしいハワイにこの店で出会えます。

「イシハラ・プランテーション・ティー・クッキーズ」の歴史

「イシハラ・プランテーション・ティー・クッキーズ」は、1920年にイシハラノブオさんと妻ササヨさんのご夫妻によってハワイのワイパフの街で創業。最初の数年間は煎餅ではなく、手作りのドーナツやアイスクリーム、お餅などを製造し販売する傍ら、ホットドッグ、シェイブアイス、ソーダ、キャンディー、日用品なども販売していました。ノブオさんが煎餅作りを始めたのは、開業後数年後のことです。小さな手回しの製造機を使い、ハワイ特有のキアヴェの薪を使い煎餅を焼いていたそうです。しかし何ヶ月もの試行錯誤をしましたが、煎餅作りは断念してしまいました。

第二次世界大戦の中、イシハラヤはワイパフの多くの企業とともに苦境に陥りました。木造の店は取り壊され家も失いました。店を持つことができないまま数年が過ぎたころ、当時ハワイで日本製の煎餅焼き機を操作できる唯一のホノルルの煎餅屋さんと知り合いになっていきます。その後、煎餅製造の機械を手に入れ、店舗も見つけ、徐々にイシハラヤは、地元でも評判の煎餅屋として知られるようになっていきました。しかし、ノブオさんの成功も束の間、体調を崩し1959年に他界、妻のササヨさんがイシハラヤの経営を引き継ぎましたが、1969年に引退し二度目の閉店となりました。

1971年、イシハラノブオさんとササヨさんの息子、イシハラミツオさんが二代目として店を再開し、新たな幕開けとなりました。ミツオさんは若い頃から家業の手伝いをしていたこともあり、父の煎餅の味を変えることなく30年継承し続け、2001年よりミツオさんの息子であるイシハラ イラさんが家業を継ぎ、三代目の煎餅職人となり現在に至っています。

みんなのチェックイン

このスポットでチェックインした人はまだいません。 このスポットにチェックインして、
感想やおすすめポイントをみんなにシェアしましょう!

チェックイン
  • Romantic | Exciting
  • Nature | City
  • Casual | Luxury
基本情報 more
所在地
94-101 Depot St. , Waipahu, HI 96797
営業時間
09:00 - 14:00
TEL
808-671-3175

このページの問題点を報告