ハワイ壁紙カレンダー2020 ダウンロード

2020.01.29

マラマハワイ(Mālama Hawaiʻi)について知ることができるPCの壁紙カレンダーを作りました。
サイズは、2サイズ①1920px ×1080pxと②1504px ×1002pxを用意しております。

ぜひダウンロードしてご活用ください。

11月

伝統を守ることは、古代ハワイの想いを引き継ぐこと

フィッシュポンド、それは古代ハワイの優れた養殖システムであり、ハワイアンの知恵の結晶です。
淡水と海水が交わるフィッシュポンドでは、稚魚を育て成長して捕獲される魚もあれば、時には魚を海へ返し、またこのフィッシュポンドに稚魚が入ってくる自然の循環システムが成り立っています。

古代には多く存在したフィッシュポンドも時代とともに数を減らしてきました。代々引き継がれた先祖の知恵。近年では、古代ハワイの文化や伝統、知恵を次世代へと引き継ぐ活動をする団体が増えています。

フィッシュポンドを守るハワイの人々の想いや活動から、ハワイの自然や文化、伝統への想いを伝えます。

Hawai‘i Connection

10月

日本とハワイのつながり

世界三大コーヒーのひとつである、“コナコーヒー”。
ハワイ島での発展には、日系移民の活躍があったことをご存知でしょうか。

ハワイの文化の中には日本の文化から影響を受けたもの、日系移民が深く関わるもの、ハワイの技術が後世に残すために一役をかっているなど、日本とハワイは切っても切れない関係にあります。

ハワイを知ることは、日本を知ること。
動画“Our Islands"でぜひハワイと日本のつながりを感じてみてください。

Our Islands

9月

9月22日は、国際ビーチクリーンデー

コパルトブルーの透き通る海、広がるサンゴ礁
キレイな海がある環境は決して当たり前ではありません。

ハワイではNPO団体によるビーチクリーンアップ活動が行われています。
ただゴミを拾うのではなく、ゴミの成分を分析し、ゴミを出さない環境をつくる活動を行っています。

ビーチクリーンでなくても、マイバックでお買い物やマイボトルでドリンクを飲むなど、身近にできることから初めてみませんか?

このきれいな海がずっと続くことを願って・・・

★ハワイ州の取り組み~マラマハワイ~についてはこちら
https://www.allhawaii.jp/article/3806/

8月

Aloha(アロハ)!
この言葉を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

Aloha(アロハ)は、ハワイ語で色々な意味があり、「ようこそ」、「さようなら」、「I love you」も意味する言葉です。

でもそれだけではありません。5つのハワイ語を頭文字をとった特別な言葉でもあります。

A :Akahai 優しさ

L :Lōkahi 協調性    

O:‘Olu‘olu 思いやり

H: Ha‘aha‘a 謙虚さ

A: Ahonui 忍耐

ハワイが大切にするALOHAの心を大切に毎日を過ごしたいですね。

★アロハが持つたくさんの意味をもっと知りたい方はこちら
https://www.aloha-program.com/curriculum/lecture/detail/482

7月

7月は23日が「海の日」、24日は「スポーツの日」ですね。
今月は、ハワイが発祥の地とされる「サーフィン」をご紹介します。

サーフィンは、カメハメハ大王も楽しんだとされる王族のスポーツでした。江戸時代にサーフィンを楽しんでいました。
一時期は、宣教師によりサーフィンが禁じられましたが、オリンピックで金メダルいくつも取得したデューク・カハナモクにより
今のサーフィンが世界中に広まることになりました。

サーフィンはスポーツだけでなく、アートやミュージック、ファッションなど様々なカルチャーに影響を与えています。
ハワイに根付く様々な文化を再発見してみませんか?

★ハワイの文化を再発見!詳しくはこちら
https://www.allhawaii.jp/article/3934/

6月

ハワイの海

海に囲まれた諸島、ハワイ。ハワイにはたくさんの海洋生物が暮らしています。
近年では海の中やビーチに落ちているビニール袋やプラスチックの破片により傷つく海洋生物が多くいます。また日焼け止めの一部の成分により、サンゴ礁の白化が進んでいます。
ハワイでは環境を守るための取り組みを多く行っています。

日本でも2020年6月30日からビニール袋の有料化が始まりますね。
ハワイでも2021年にサンゴ礁に有害な成分が含まれる日焼け止めの販売が禁止となります。
ぜひこの機会に環境保護について知り、私たちに今できることからはじめてみませんか?

ハワイでの環境保護の詳しい取り組みはこちら
https://www.allhawaii.jp/article/4204/

5月

ワイキキ

ハワイ滞在の拠点でもあるこのワイキキにかつて路面電車が走り、1万本ものヤシの木が生えていたことをご存知ですか?
何気なく歩く街並みに実はひっそりとその名残が残っています。

ハワイヒストリックガイドでは、昔の景色や歴史が残る様子をお楽しみいただけます。
今月はおうちで歴史探訪して見ませんか?まだ知らなかったハワイに出会えるかもしれません。

★ハワイヒストリックガイドのe-bookはこちら
https://www.allhawaii.jp/travelinfo/2480/

4月

Share Aloha
今こそ、今だからこそハワイより皆さまにAlohaの気持ちを届けたいと考えています。
皆さまにまた笑顔でハワイをご訪問いただける日を迎えられるように。

ハワイ州観光局より

Photo by: Dara Young/Sheraton Waikiki

2020年3月

冬の時期に見ることができるクジラ
ハワイではクジラを観察するための推奨距離があることをご存知でしょうか。

クジラにストレスを与えないため、最低でも90mの距離を保つことを推奨しています。
彼らの習性や行動を妨げることは、ハラスメントとみなされ、アメリカ連邦政府の法律で禁止されています。
追いかけたり、近づいたり、触れたりせずに90m以上の距離を保って観察してください。

★ハワイで海洋生物に出会ったらどうする?
https://www.allhawaii.jp/article/3799/

2020年2月

アロハプログラム コアの木植樹キャンペーン
ハワイで愛され続けるコアですが、その数は年々減少し、現在ハワイ島には全盛期の10分の1の規模しかありません。
その背景には、外来動物の増加による枯死や環境汚染、森林伐採等様々な理由が挙げられます。

ハワイ州観光局公式ラーニングサイト、アロハプログラムでは
「ハワイ島にコアの木1,000 本植えよう!」プロジェクトを行っています。
アロハプログラム会員であれば、通常$90の植樹を$60で行うことができます。
また、植樹したコアの木の成長は、GPS機能でいつでもパソコンやスマートフォンから見ることができます。

ハワイの人々の生活にとって古来から大切とされてきたコアの木を、皆様も植樹してみませんか?

★コアの木の植樹はこちら
https://www.aloha-program.com/activity/ahupuaa

2020年1月

ダイヤモンドヘッド
ハワイのランドマークでもあるダイヤモンド・ヘッドは、1986年に国定自然記念物に指定されています。
ここでは、自然を感じながらトレッキングがお楽しみいただけます。

★マラマハワイ(Mālama Hawaiʻi)の詳細はこちら
https://www.allhawaii.jp/article/3981/

カルビーの『フルグラ® トロピカルココナッツ味』をハワイ州観光局公認商品に認定
カルビーの『フルグラ® トロピカルコ…
2020.02.10
コラムの一覧
2020年1月号 アロハプログラムニュースレター発行!
2020年1月号 アロハプログラムニ…
2020.01.18

最新の「ハワイ州観光局ニュース」