ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト
all_hawaii

最新情報

What’s New

3/1よりの水際措置変更のご案内

2022年3月3日

入国者数を引き上げを発表

新型コロナウイルス感染症の水際対策をめぐり、今月3月14日から1日あたりの入国者数の上限を今の5000人から7000人に引き上げる方針を発表しました。

日本帰国・入国時の出国前検査の検体について

日本帰国・入国時の出国前検査の検体について厚生労働省より変更の発表がありました。下記詳細をご確認ください。

1 日本への入国及び帰国の際には、検疫所へ「出国前72時間以内の検査証明書」の提示が必要となっており、「出国前72時間以内の検査証明書」が提示できない場合、検疫法に基づき、日本への上陸が認められていません。

2 日本への帰国・入国に際する出国前検査の検体について、これまでは「鼻咽頭ぬぐい液」、「唾液」及び「鼻咽頭ぬぐい液と咽頭ぬぐい液の混合検体」のみが有効な検体として認められていましたが、令和4年3月9日午前0時(日本時間)日本到着以降は、「鼻腔ぬぐい液」についても有効な検体に追加されることになりました。

3 また、検査証明書の様式として厚生労働省指定の所定フォーマットの使用を原則お願いしてきましたが、上記2の変更に伴い所定フォーマットも改訂が行われましたので、日本への入国・帰国の前に出国前検査証明を今後取得される場合には、厚生労働省指定の新しいフォーマット (3/9以降) の使用をお願いいたします。

4 詳細については、下記の厚生労働省ホームページをご参照下さい。日本帰国・入国時の出国前検査の検体について

水際対策強化に係る新たな措置の変更について

令和4年3月1日午前0時より、水際対策強化に係る新たな措置(27)に基づき、水際措置が変更になります。以下、一部抜粋となります。

厚生労働省:水際対策強化に係る新たな措置(27)

「水際対策強化に係る新たな措置(27)」Q&A(2月 25 日(金)時点)

検疫の宿泊施設で待機対象となっている国・地域
検疫所が確保する宿泊施設で入国後3日間待機を求める指定国・地域:米国全土(ハワイ州含む)令和4年3月1日午前0時から指定解除

1.入国後の自宅等待機期間の変更

・ 指定国・地域以外から帰国・入国する方で、ワクチンを3回接種していない方は、原則7日間の自宅等待機を求めますが、入国後3日目以降に自主検査を受け、陰性の結果を厚生労働省(入国者健康確認センター)に届け出て確認が完了した場合は、その後の自宅等待機の継続は求めないこととします。

・ 指定国・地域以外から帰国・入国する方で、ワクチンを3回接種していることが確認できる証明書を保持している方※は、入国後の自宅等待機を求めないこととします。

※ 有効なワクチン接種証明書を入国時の検疫で提示する必要があります。
※ 検疫所又は保健所等から自宅等待機の継続等について別途指示があった場合には、その指示に従う必要があります。
※ 3日目以降に受けた検査の結果が出るまでに、数日を要する検査機関もありますので、必ずご自身でご確認の上、受検してください。
※ いずれの場合も、陽性者、濃厚接触者となった場合は、自宅等での待機期間の短縮の対象となりません。
※ オミクロン株以外の変異株が支配的となっていることが確認されている国・地域が別途指定された場合には、当該国・地域から帰国・入国する方については、自宅等待機等の期間は14日間となります(現時点で該当する国・地域はありません。)。
※ 空港検疫で陽性となった方が、ゲノム解析の結果、オミクロン株以外(デルタ株等)の陽性者と判明した場合、当該陽性者の機内濃厚接触者の方は、濃厚接触者としての待機期間が14日間になることがあります。

令和4年2月17日発表内容
1.入国者の待機期間等
 7日間待機を原則としつつ、3日目検査で陰性が確認された場合、それ以降の待機を不要とする。オミクロン株の指定国については、3日間の施設待機とする。
 ワクチン3回目追加接種者については、以下の扱いとする。
・ 指定国:検疫施設待機に代えて、自宅等待機とする。
・ 非指定国:自宅等待機を免除する。
自宅等待機のための自宅等までの移動(検査後24時間)につき、公共交通機関の使用を可能とする。

2.外国人の新規入国
 外国人新規入国について、受入責任者の管理の下、観光目的以外の入国を認める。

3.入国者総数の引上げ
 入国者総数の上限について、現在の1日3,500人目途を、3月1日から1日5,000人目途に引き上げる。

なお、ハワイ州は現時点ではオミクロン株指定国・地域に該当し、3日間の施設待機となっています。

関連リンク:首相官邸

【問い合わせ窓口】
○厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)
○出入国在留管理庁(入国拒否、日本への再入国)
電話:(代表)03-3580-4111(内線4446、4447)
○外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い、日本語の「1」を選んだ後、「5」を押してください。)
一部のIP電話からは、03-5363-3013