ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト
all_hawaii

最新情報

What’s New

ハワイ州およびオアフ島規制緩和を発表

2021年11月25日

ハワイ州イゲ知事は、ハワイ現地時間11月23日の会見で、昨年3月に発令した新型コロナウィルスに関する緊急事態宣言を解除し、12月1日から規制を緩和することを発表しました。

今後は州知事の承認を得ることなく、各島の市郡長がそれぞれの市郡の規制の発令及び緩和を行うことも述べました。

これにより、12月1日以降、集会・イベント、レストラン・バー、ジムなどの収容人数制限がなくなり、100%の収容人数・座席数で受入できるようになります。また、ソーシャルディスタンス、入店時の接触者追跡情報の記入・回収も撤廃となります。

ただし、ハワイ旅行者向けのセーフ・トラベル・プログラム並びに屋内でのマスク着用は継続となります。

ハワイ州知事オフィスリリース(英語)

オアフ島

ブランジアディ市長もオアフ島内でのイベント収容人数、レストラン、バー、ジムなどの利用者の人数制限も12月1日以降緩和すると発表を行いました。ただし、セーフアクセスオアフプログラムは継続となります。飲食が提供されるレストラン、バー、イベントの利用客は、入場・入店時にワクチン接種証明書または新型コロナウイルス検査証明書の提示が求められます。また、屋内でのマスク着用は継続して義務付けられています。(イベントの場合は、屋内外問わず、マスク着用は必須となります)

セーフアクセスオアフ(英語)

ハワイ島、マウイ島、カウアイ島の規制緩和・変更に関しては後日発表されます。