ハワイ州 新型コロナウイルス情報サイト
all_hawaii

最新情報

What’s New

ハワイ州への渡航条件変更のお知らせ

2021年11月3日

現地ハワイ時間11月2日、ハワイ州知事は11月8日より、バイデン大統領が発表した「新型コロナウイルス感染症拡大中における、安全な海外渡航の再開を進めるための大統領令」に則った形で、全ての18歳以上の外国人渡航者に新型コロナウイルスワクチン接種証明の提示を義務付けると発表しました。ただし、海外からハワイ州へ直行便で到着する渡航者と、アメリカ本土・アメリカ準州経由でのハワイ州到着の場合の条件は異なります。

米国に渡航する外国人に対する新型コロナウイルスワクチン接種について

これにより、11月8日以降、直行便でハワイに到着する外国籍渡航者は今後ハワイセーフトラベルズプログラムの登録、ならびに旅行情報等の更新は不要となります。

直行便でハワイに到着する外国籍渡航者

– 海外渡航のためのワクチン接種証明書の提示ならびに、
– ハワイへのフライト出発3日以内に事前検査(PCR NAAT検査または抗原検査)を受診し、医療機関からの陰性証明書の提示

直行便でハワイに到着する米国市民・米国永住者

– ワクチン接種を完了した方:ワクチン接種証明書並びにハワイへのフライト出発3日以内に事前検査(PCR NAAT検査または抗原検査)を受診し、医療機関発行の陰性証明書の提示、
または、
– ワクチン接種を完了していない方:ハワイへのフライト出発1日以内に事前検査(PCR NAAT検査または抗原検査)を受診し、医療機関発行の陰性証明書の提示

米国本土・準州経由でハワイに到着する外国籍渡航者

米国に本土・準州を経由してハワイに到着する外国籍渡航者は、米国内の旅行者と同様に、既存のセーフトラベルズハワイプログラムに旅程情報などを登録することが義務付けられています。(登録内容は下記を参照ください)

*米国入国する際に、ワクチン接種証明書並びに事前検査陰性証明書の提示は義務付けられています。米国に入国についてはこちらをご参照ください。

アメリカ国内(アメリカ準州を含む)からの旅行者は下記セーフトラベルズハワイプログラムでの登録が必要となります。
– セーフトラベルズハワイプログラムアカウントの作成
– 旅程等の入力
– ヘルスフォームの回答
– 入力情報の確認

下記いずれかを提示することで、ハワイ到着後の10日間自己隔離が免除されます。

– 海外渡航のためのワクチン接種証明書 または、
– ハワイへのフライト出発72時間以内にハワイ州指定医療機関 で受診した事前検査(PCR NAAT検査)を受診し、陰性証明書 の提示

イゲ州知事オフィスプレスリリース(英語)