最新情報

What’s New

州外の訪問者を対象とする事前検査プログラムについて

2020年9月16日

デイビッド・イゲ州知事は、ハワイ現地時間10月15日以降にハワイ州へ来島する訪問者は、出発前に新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示すれば14日間の自己隔離を免除すると発表しました。以下詳細となります。

  • ・全ての訪問者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示する、もしくは到着後14日間の自己隔離が必須です
  • ・全ての訪問者は、到着時の検温並びにハワイ州トラベル&ヘルスフォームへの記入が必須です
  • ・出発の72時間以内に臨床検査室改善法(CLIA)に認定されているCOVID-19の核酸増幅検査(PCR検査を含む)を行い、陰性であることの証明を提示すれば14日間の自己隔離が免除となります
  • ・オアフ島以外の隣島からの移動者の自己隔離要請は、9月30日まで続行となります
  • ・現在ハワイ州で認められている事前検査は、臨床検査室改善法(CLIA)に認定されている検査所が認める、アメリカ食品医薬品局(FDA)により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(NAAT)のみとなります