ハワイ(ホノルル空港)から日本への入国までの流れ

2021.08.20

ハワイから日本帰国時の流れ

ハワイから日本への帰国時は、2021年8月時点、日本国の新型コロナウイルス感染症の水際対策強化として、渡航先出国前72時間以内にPCR検査を受け、有効な陰性証明書(日本国が指定するフォーマット)が必要となっています。
そのため、オアフ島でPCR検査を受ける必要があります。オアフ島で受けるPCR検査については下記コラムをご参照ください。

ここでは、ホノルル空港の航空会社での搭乗手続きから日本入国まで、2021年8月5日に羽田空港で入国した際の体験を下に紹介します。
なお、今後、下記内容から変更する場合もありますので、2021年8月5日時点の情報としてご覧ください。

1.ホノルル空港で陰性証明書の提示

ホノルルの医療機関で入手した陰性証明書は、ホノルル空港の航空会社チェックインカウンターにて提示します。

日本に入国するすべてのお客様(日本国籍のお客様を含む)は、有効な検査証明書を提出できない場合、日本への上陸が認められません。また、ホノルル空港での搭乗手続き時に有効な検査証明書を確認できない場合は、日本政府の指示により、搭乗ができません。

ホノルル空港では、陰性証明書の提示以外は、特にこれまで変わっておりません。(2021年8月時点)

2.機内 (ホノルル➡日本)

機内では、誓約書&健康カードの一式の書類を税関申告書と共に渡されます。
*航空会社によって異なる場合もございますので予めご了承ください

提供いただく資料は、以下です。
誓約書 https://www.mhlw.go.jp/content/000806701.pdf
健康カード https://www.forth.go.jp/news/000064421.pdf
税関申告書 (コロナ前同様の書類です)

機内でこれらの資料へのご記入が必要となります。

3.航空機からの降機

航空機が日本の空港へ到着後、降機にあたっては、ご案内をいただくまで、座席にて、座ったままで待機します。
2021年8月に搭乗際は、日本から乗り継ぎをされるお客様が先に降機という流れでした。
到着後、機内等での待ち時間は、日本入国時の検疫体制強化等によって長時間待機する場合もあるようです。

4.空港内での確認ポイント

1. パスポート、陰性証明書の提示
1箇所目の確認ポイントでは、パスポート、をハワイで入手した陰性証明書を提示します。ここで、陰性証明書は回収となります。

2.誓約書、健康カードなど一式提示
パスポート、誓約書、健康カードを提示します、
また、担当者の指示によって、健康カードの右上に「アメリカ・ハワイ州、氏名」を記入します。
この際にハワイ州以外を事前に訪問していた場合はその州や国名を記入します。

3.PCR検査キットの受領
健康カードに、唾液検査の容器と同じ、4桁の番号がシールで貼られています。

4.指定の検体採取
指定のブースにて検体(唾液(を容器に採取します。回収される前に係員が、容器に必要な量の検体が入っているか確認あり。

5.検体の回収
検体を採取した容器回収、健康カードを提示します。

6.ウェブ質問票で入手したQRコード提示
詳細は、https://www.ru.emb-japan.go.jp/qr-code.pdf 
質問票の入力方法は、https://www.mhlw.go.jp/content/000783665.pdf 

事前に入力し、QRコードを入手するもしくは、その場で、スマートフォンから入力も可能です。QRコードを提示するポイントでは、ウェブ質問票へアクセスするためのQRコードが掲示されていますが、LINEのQRコードからの読み取りはできませんでしたのでご注意ください。

↓のようなQRコードです。スマートフォン上でスクリーンショットを撮影ください。

7. スマートフォン上で指定アプリのDL確認
1人ずつ、担当者が、スマートフォン上にアプリがダウンロードされているかどうか、位置情報設定の確認が行われます。

  • 健康居所確認アプリ(MySOS)
  • 接触確認アプリ
  • スマートフォン上の位置情報設定確認

アプリの詳細はhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00250.html

8.アプリの説明
ここでは、着席して、担当者より、27ページほどある「日本へ入国・帰国する皆様へ」の資料を見ながら、隔離中に使用するアプリの説明が、一人ずつ行われます。

 

9.ウェブ質問票のQRコードをかざす
入手したウェブ質問票のQRコードを端末にかざします。 

10.待機場所にて、PCR検査の結果を待つ
指定の待機場所にて、PCR検査の結果が発表されるのを待ちます。
この際、健康カードに貼ってある4桁の番号で呼ばれます。

番号を呼ばれると、「健康カード」を提示し、健康カードに、陰性であったことが記載されたステッカーが貼られます。
そして、「Covid-19 指定地域 滞在歴あり」のピンクの紙が渡されます。

陽性の場合は、医療機関・指定施設等で隔離・待機となります。

11.入国審査
12.荷物の受け取り 
13. 到着出口をでる

   2021年8月5日の場合、15:50頃機内から降機し、上記各スポットをまわり、到着出口までの時間は約1時間45分でした。2021年6月に帰国された方は3時間~3時間半を要したという方もいらっしゃいました。

14.空港からの移動(PCR検査 陰性の場合)
公共交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)など)は利用できません。ご自身でレンタカーやハイヤーを使って帰宅します。
*なお、ハワイ州以外に訪問している場合で対象国、対象州を訪問している場合、日本帰国後、検疫所長の指定する場所での隔離が必要となります。
詳細は、https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C087.html

空港からの帰国者用ハイヤー
空港から待機場所の自宅(又は宿泊施設等)までの移動は、基準を満たすハイヤー会社またはハイヤーを調達できる旅行会社についての一覧が、厚生労働省のサイト内にあります。

帰国者用ハイヤー会社&ハイヤーを調達できる旅行会社一覧
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/newpage_00020.html

金沢星稜大学のハワイ研修(2019年9月実施)
教育旅行
金沢星稜大学のハワイ研修(2019年…
2021.08.20
お役立ちツールのコラム一覧
ハワイでの小中高留学(私費留学)
教育旅行
ハワイでの小中高留学(私費留学)
2021.08.16

「お役立ちツール」の最新レポート