HISハワイ 絶滅危惧種「モナーク・バタフライ」の保護活動を支援 ― 「LeaLeaバケーションレンタル」宿泊者25名にサナギのギフトボックスをプレゼント ―

2023.01.12

Hawaii HIS Corporationはこのたび、絶滅危惧種に指定された「モナーク・バタフライ」がハワイの地で野生で存続できるよう保護活動を展開する「パラダイス・モナーク社」を支援し、この活動に賛同する現地の総合不動産会社「キャプテンクック・リゾート」との協同で、「LeaLeaバケーションレンタル」宿泊者先着25名に、サナギのギフトボックスをプレゼントするキャンペーンを2023年2月3日迄の期間限定で実施します。

日本では「オオカバマダラ」と呼ばれるアゲハ蝶の一種「モナーク・バタフライ」は、2022年7月、国際自然保護連合によって絶滅危惧種に指定されました。食糧不足、自然界における天敵や病気等を理由に、イモムシから蝶として成長できるのは僅か5%にも満たないと言われています。オアフ島を拠点に2020年9月に発足した「パラダイス・モナーク社」の保護活動によって、今日までに約10,000羽のモナーク・バタフライが蝶となって自然界に羽ばたいていきました。
HISハワイでは、そのモナーク・バタフライがサナギから蝶として「生まれ変わり」、新たな世界に解き放たれてワクワク心躍る様子に、2023年新年に向けたお客さま一人ひとりの想いを乗せていただけるよう、このたびのプレゼントキャンペーンを年末年始の期間限定で実施します。

HIS ハワイは、ハワイ州観光局との提携の下、レスポンシブル・ツーリズム「マラマハワイ(Mālama Hawai‘i)」を推進しています。また、ハワイのより良い未来のために、日本とハワイを繋ぐ観光業界における先導役として、再生型観光(リジェネラティブ・ツーリズム)を促進すべく、多角的に活動を展開しています。
このたびの取り組みを通して、ハワイの自然保護に貢献し、旅行者と地域社会を繋ぐことで、双方の満足度を高め、地域社会に還元することを期待します。

コラムの一覧
マリオット系列4ホテルのカルチャー・ディレクター紹介
マリオット系列4ホテルのカルチャー・…
2022.12.23

「泊まる」の最新コラム&ニュース