ハワイ州観光局親善大使 五十嵐カノア選手が自身初のフォトエッセイ『FREEDOM』を出版

2021.12.16

カリフォルニアで生まれ育ち、3歳でサーフィンを始め、NSSA年間最多優勝回数30勝達成、最年少9歳でUSAチームに入るなど、サーファーとして数々の偉業を成し遂げてきた五十嵐カノア選手。
プロサーフィンの世界最高峰ツアーへの参戦、そして東京2020オリンピックでは銀メダルを獲得するなど、今や世界的アスリートとして活躍する五十嵐カノア選手のこれまでの軌跡をまとめた待望の一冊が、2021年12月16日に発売されます。
その生い立ちから、これまでの歩み、そしてメダリストとなった今について未公開写真の数々と共に振り返る自身初のフォトエッセイとなっています。
是非お手に取ってご覧ください。

●定価 2,200円(本体2,000円+税)
●判型/ページ数  B5/128P
●ISBN 978-4048968102
●発行 株式会社KADOKAWA

<目次より>
第1章 幼かった頃
 ハンティントンビーチ/日本への里帰り/12歳の旅/怪我からの復帰
第2章 ワールドツアー
 最大のピンチ/背番号50/ルーキーイヤーのハイライト
第3章 オリンピック
 日本代表になる決意/コロナ禍/選手村のルール
第4章 家族
 両親の覚悟/家族の約束/チーム50
第5章 アイデンティティ
 プロ意識の目覚め/海と自分/みんなの海/世界がホーム/なりたいものになろう
                                        など

米カリフォルニア州で生まれ育ち、3歳でサーフィンを始める。2009年、11歳の時、NSSA主催の大会で、年間最多優勝となる30勝という驚異的な記録を打ち立てる。12年、サーフィン・アメリカ『全米サーフィン・チャンピオンシップU-18クラス』で史上最年少の14歳で優勝。16年、史上最年少、アジア人で初めて、プロサーフィンの世界最高峰、WSLチャンピオンシップツアーに参戦。17年、18年WSL『ヴァンズ・USオープン・オブ・サーフィン』で2連覇を果たす。19年にはCT第3戦でアジア人初の優勝。2021年の『東京2020オリンピック競技大会』では銀メダルを獲得する。木下グループ所属。
2019年12月よりハワイ州観光局親善大使に就任。

この記事に関連するタグ
  • サーフィン
コラムの一覧
サポートアロハ第3弾、走ることRUNをテーマとしたグッズを発表!
サポートアロハ第3弾、走ることRUN…
2021.02.04

「スポーツ」の最新コラム&ニュース