2021 クイーン リリウオカラニ ケイキ フラ セレブレーション開催

2021.07.17

リリウオカラニ女王への敬意を表して1976年から開催されている伝統的な子供のためのフラ競技大会、クイーン リリウオカラニ ケイキ フラ セレブレーションが2021年7月19日(月)から22日(木)まで開催されます。

各島と日本のハラウからの450名以上の6歳~12歳までの子供たちが参加し、カヒコ(古典フラ)アウアナ(現代フラ)、ソロの3部門にわかれて行われるイベントは、毎年7月にニールブレイズデルセンターで開催されていましたが、今年のセレブレーションはフラ、音楽、言語、歴史の4部構成になっており、テレビ局で放映、ライブ配信のみが行われ、日本からでもお楽しみいただけます。

クイーン リリウオカラニ ケイキ フラ セレブレーション
開催日時(日本時間):
2021年7月20日(火):午後3時~午後4時
2021年7月21日(水):午後3時~午後4時
2021年7月22日(木):午後3時~午後4時
2021年7月23日(金):午後3時~午後4時
ライブ配信先:Hawaii News Now https://www.hawaiinewsnow.com/keikihula/

ケイキ フラの歴史

1976年9月11日に、カリヒーパラマ文化芸術財団が、ハワイ王朝最後のクイーン、リリウオカラニ女王を称えるためにフェスティバルを開催しました。アアラ公園にて、いくつかのエスニックダンスパフォーマンスが披露され、ハワイアンクラフトやデモンストレーション等が行われ、第1回のケイキフラコンペティションが行われました。

カリヒーパラマ文化芸術財団のプログラムのコーディネーションを行っていたカフ・シルヴァ氏とクムフラのレジェンドでもあるジョージナオペが、ハワイの文化と踊りを次世代に継承していくことを目的に続けていくことを決めました。

参加対象は、6歳から12歳の子どもたち、部門はグループアウアナのみ、1年目は6グループのみの参加でしたが、2年後に会場をファリントン高校の劇場に移したことによりより良いパフォーマンスを披露できるようになりました。数年後、ソロ部門と、カヒコ部門が加えられ、男子部門も分けられ、ハワイ語の採点も加わりました。

このクイーンリリウオカラニケイキフラコンペティションは、毎年7月にブレイズデルセンターで行われ、KFVEによって生放送、インターネットにてライブ配信されています。名誉ある賞のために、ハワイ州各島から、また日本からもハラウが参加します。

2019年は22のハラウから28人の男女のソロダンサーと461人のダンサーが3夜続けて連続で大会に望みました。

ホノルル動物園 トワイライトツアーの提供を再開
ホノルル動物園 トワイライトツアーの…
2021.07.22
コラムの一覧
第58回メリーモナークフェスティバル2021の結果発表
第58回メリーモナークフェスティバル…
2021.07.13

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース