プラスチック削減を目的としたオアフ島の食品販売業者への新たな条例が4月1日より施行開始

2021.04.02

ホノルル市ではプラスチックによる環境汚染を減らすために、本日4月1日(木)からレストランなどを含む食品販売業者への新しい市の条例が施行されています。

石油系プラスチック製の使い捨て容器やビニール袋を使用し食品を提供することが禁止となりました。このためプラスチックで作られている、ストローや、食事に使用する食器類(ナイフ、フォーク、スプーンなど)全ての使用が禁止となり、また発泡スチロール製のコーヒーカップや蓋つき容器の使用および提供もまた同時に禁止となっています。ただし卵、生肉など、未調理の商品販売で使用している使い捨て容器は2021年の12月末まで提供することができます。

その他にも食品販売側の規定として、レジ袋を提供する際に最低でも15セントの支払いを義務づけ、買い物時にエコバックなどを持参することを呼び掛けています。

4月1日(木)現時点で、スーパーなどにおかれている全てのプラスチック製品の販売や購入などは禁止されておらず、食品販売業者のプラスチック製の使い捨て容器や食器の提供が禁止となっています。(市は2022年までに上記を含むすべてのプラスチック製の食器類の販売禁止を目指しています。)

4月1日から施行された条例は以下の通りです。

• 食品販売業者はプラスチック製品の代わりに生分解性プラスチック、紙、その他再生可能な材料で作られた製品を提供すること

• 発泡スチロールが含まれている容器などを市の施設や、市が主催/許可するイベントで提供・販売・使用することを禁止とする

• 使い捨てのプラスチック製の製品(スプーンやフォークなど)は、顧客のリクエストがあった場合のみ提供することが許可される

2022年1月から新たに施行される規定は以下の通りです

• 食品販売業者は発泡スチロールが含まれているすべての商品の販売・提供を禁止とする

• 生肉や未調理の農産物などに使用されるプラスチック製の使い捨て容器使用を完全廃止とする

その他の詳細についてはこちらからご確認いただけます。
https://www.opala.org/

この記事に関連するタグ
カポレイ・コモンズのギフトカードプレゼントキャンペーン
カポレイ・コモンズのギフトカードプレ…
2021.04.07
コラムの一覧
ハワイの人気レストラン「MWレストラン」が4月6日より営業を再開!
ハワイの人気レストラン「MWレストラ…
2021.03.26

「食べる」の最新コラム&ニュース