サポートアロハ第3弾、走ることRUNをテーマとしたグッズを発表!

2021.02.04

第3弾となるサポート・アロハ・プロジェクトはこれまでのラインナップや、10月からスタートしたフラコミュニティーをサポートする「#HULASTRONG」に続き、2月より「#RUNSTRONG」という新ラインをローンチしたことを発表しました。

この新ラインではスポーツ関連グッズを販売し、スポーツイベント、スポーツクラブなどスポーツコミュニティーを支援します。

ハワイ州、郡・市当局が発令している感染者を抑制するための規制により、マラソンやユーススポーツの大会などの中止・延期が余儀なくされているハワイ。通常であればハワイで行われるスポーツイベントに世界各国からたくさんのアスリートやファンがハワイを訪れるますが、規制による運営中止などその機会が奪われ、大会主催者やクラブ運営の収入を直撃しています。マウイマラソン、カウアイマラソンなど隣島のマラソン大会や、ホノルルトライアスロン、ハワイサッカーアカデミーなどあらゆるスポーツ関連の主催者、団体を支援するための今回の新ラインの発表となります。

寄付先のショップリストは下記ウェブサイトをご覧ください。
https://supportaloha.com/

また、 昨年8月1日からスタートした新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、経済的なダメージを受けているハワイのコミュニティーへの支援を目的としたプロジェクト「#SupportAloha(サポート・アロハ)」が、12月31日現在で、寄付総額$10,000ドルを突破したことを発表しました。寄付金額の詳細は下記の通りです。

BCLカンパニー社が立ち上げた「ハワイ限定サボリーノ」のクラウドファンディング(CAMPFIREにて11月実施)からのサポート金 $3,913.34 を下記寄付に含みます。

寄付総額(2020年8月~12月対象):$10,026.27
(日本円105円換算で 約105万円 )

寄付場所
ハワイフードバンク:$3,000.00
地元ローカルショップ:$3,918.04
ローカルデザイナー&フラコミュニティーへ $3,108.23

また、2月1日にはサポートアロハ第3弾として#RUNSTRONGという走ることをテーマに、中止、延期が相次ぐハワイ諸島のスポーツイベントやコミュニティーをサポートしていくことが決まりました。
詳細は https://supportaloha.com/ をご覧ください。

サポートアロハとは
チャリティ―支援型「サポート・アロハ」プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、経済的なダメージを受けているハワイのコミュニティーを支援することを目的としたプロジェクトです。ハワイを訪れる観光客の数が激減したことに伴い、地元の中小企業や観光業を支えるローカルの労働者たちは経済的に大きなダメージを受けています。「サポート・アロハ」プロジェクトでは、商品の販売を通してローカルビジネスのお手伝いをするとともに、オリジナルグッズの売り上げの10%を食糧を必要としている人たちへの援助を行っている「HAWAII FOODBANK」に寄付します。

コラムの一覧
イースト/世界的名シェイパー、トコロのシンプルライフ
イースト/世界的名シェイパー、トコロ…
2020.03.18

「スポーツ」の最新コラム&ニュース