【50周年を迎えるアースデー】あなたもできる、ハワイのためにできること

2020.04.22

みなさま、「アースデー」って聞いたことはありますか?
世界中で、地球環境について考える日として制定された記念日です。
4月22日の今日は、アースデーの日なのです。
そして、1970年に誕生した「アースデー」は、今年は、50周年を迎える節目の年です。

是非、アースデーをきっかけに、地球のためにできること、ハワイのためにできることを考えてみませんか?
今日は、ハワイの海と森のために、あなたにもできることを、ご紹介します。

ハワイの緑・森のためにできること

自然の宝庫、ハワイでは、ハイキングをする方も多いのですが、ハイキングをする前と、ハイキングの際にちょっと気を付けるだけで、在来種を守れ、それが、ハワイの森、自然を守ることにつながるのです。

<ハイキング準備段階>

  • トレイルのことを調べて、・公式のトレイルであるか確認しましょう
  • 天候について調べましょう。

<ハイキング中>

  • トレイルに入る前に、あなたの靴に外来種などの種がついている可能性もあるので、しっかり入口で洗いましょう。
  • あなたの安全のためにも、自然のためにもトレイルのコースから外れないでくださいね。

トレッキング前に気を付ける点を動画でチェック!

ハワイの海のためにできること

みなさまは、どのくらい、プラスチックを使っていますか?
プラスチックは、私たちの生活に欠かせないものでしたが、ポイ捨てされたプラスチックは、雨や風によって、河川に流れ込み、それが最終的に海に流れ込んでしまうのです。なんと、海に流れ込むプラスチックのゴミの量は、年間で約800トンもあるんですよ!!!

そして、魚、アザラシやウミガメなど絶滅危惧種を含む700種類の生物が、海洋ゴミによって、傷つけられて、死んでしまっているのです。
プラスチックゴミを減らすために、ハワイでは、再利用できないレジ袋を・紙袋の販売を禁止して、エコバックを持参されることを推奨しています。
さらに、ペットボトルやストローまで、プラスチックを使わないように、マイボトルやマイストローを使う方も増えているんですよ。

マイボトル、マイストロー、マイバックを持つことで、年間こんなにプラスチックを減らせると思ったら、是非、アースデーをきっかけに、マイバックやマイボトル、マイストロー生活をはじめてみませんか?

また、ビーチに遊びに行くときは、日焼け止めのご使用前に、その日焼け止めにサンゴ礁に有害な成分が含まれていないかチェックしてください。サンゴ礁に優しい日焼け止めを使用してくださいね。

ハワイ州およびハワイ州観光局が取り組む「レスポンシブルツーリズム:責任ある観光」って?

ハワイ州およびハワイ州観光局が取り組む「レスポンシブルツーリズム:責任ある観光」への取り組みについて、「Medical Tribune Luxe」でご覧いただけます。是非ご覧ください。

Medical Tribune Luxeはこちら Ⓒ2020 Medical Tribune Luxe

アースデーをきっかけに、皆さまが始められることから、始めませんか。

アースデーは、地球環境について考え、行動する日です。
是非、あなたにできることからはじめて、次世代に自然を残していきましょう。

新型コロナウイルスに伴いハワイで行われているアロハな取り組み
新型コロナウイルスに伴いハワイで行わ…
2020.04.24
コラムの一覧
【2020年1月1日より実施】ビニール製プラスチック袋の配布・販売禁止について
【2020年1月1日より実施】ビニー…
2020.01.20

「レスポンシブルツーリズム」の最新コラム&ニュース