公園遊びをもっと楽しく!パンプキンカービングに挑戦

2019.10.23

気がつけば、あっという間に10月も半ばを過ぎましたね。シナモンが香るスイートなホットドリンクが恋しくなるこの季節。南の島のハワイは相変わらず毎日が夏で、毎日がピクニック日和です。

そんな常夏にも一年に一度、紛れもない秋が訪れます。そう、今年も。もうすぐハロウィンがやってきます。

いまこそ秋の風物詩を楽しみましょ。

木漏れ日が心地良い特等席で、
ジャック・オー・ランタンを作るのだ!

幸せを呼ぶジャック・オー・ランタン。

ハロウィンといえば、アメリカでは「パンプキンカービング」といって、かぼちゃをオバケ顔の形にくり抜いてキャンドルを灯すのがお決まり。ハワイでも例外なく、この時期になるとロコがいそいそとかぼちゃを調達しています。パンプキンカービングで作るかぼちゃ提灯は「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれますが、名前の意味をご存知でしょうか。日本語にすると「ランタン持ちの男」という意味で、由来にはハロウィンらしい言い伝えがあるそうです。

生前に悪さをした死者が悪魔から火種を受け取り、それをくり抜いたカブに入れたまま、天国にも地獄にも行けず歩き彷徨う、というようなお話なのだとか。

怖いな……

というか、え、カブ?

なんでも、アイルランドやスコットランドからがアメリカに伝わり、もともとカブだったものがかぼちゃに変わったのだそう。いまでは日本でもすっかりかぼちゃで定着していますよね。

そのジャック・オー・ランタン。悪霊を遠ざけ、善霊を引き寄せるともいわれています。だからアメリカでは、ハロウィンの晩に玄関に置く風習があるんですね。そうならば、強力に幸せを呼び込むジャック・オー・ランタンを作ろうではありませんか。

水筒に冷たいドリンクを入れて、おやつもあれば完璧。
公園までいざ、出発です!

カピオラニ公園が絶好のロケーション。

パンプキンカービングをするなら、ワイキキでアクセス便利なカピオラニ公園がいい感じ。自由に使えるピクニックテーブルが充実していて、マットなどあれこれ持っていかなくてOKなのもポイントです。シャワーツリーやバニアンツリーなど、たくさんの木々のおかげで日陰がすぐに見つかります。

時折、頭の赤い鳥が遊びに来てくれることも。Red Crested Cardinal(紅冠鳥)という名前はあまり知られていませんが、見覚えがある方は多いですよね。ふと姿が現れると、ちょっぴりラッキーな気持ちになりませんか。

ピピッ

と、小さな鳥の鳴き声がふんわりと耳に届く、
穏やかで優しいこの空間。

ああ、なんという癒しでしょう。

● 用意するもの ●

  • かぼちゃ
    スーパーマーケットでカービング用のカボチャが売られています。今回はホールフーズ・マーケットで購入しました。
  • ペン
    顔の下書き用に、なんでもOK。落書きして遊べるポスカのようなペンはとても便利です。
  • カービングキット
    ウォルマートやロングス・ドラッグスで手に入ります。調理用ナイフよりも断然カービングキットが使いやすい!

● 作り方 ●

1. ペンで顔を下書きします。
2. 頭の部分をカットします。
3. 中の種を取り除きます。
4. 顔の部分をくり抜きます。

これで完成!

底の部分をくり抜いてキャンドルを置く方法もあるので、お好みでどうぞ。

それにしても、ロコガールズが作ったジャック・オー・ランタンが、こんなに可愛い仕上がりになるなんて!

子供の創造力って本当にすごいなあ。

自然のなかでたっぷり遊び、身も心も充実のひと時となりました。

さてと。ハロウィン本番まであと少し。
みなさんもこの時期だけのお楽しみを、目一杯に満喫できますように。

Happy Halloween!

この記事に関連するタグ
秋のハワイでヒマワリ満開のパンプキンパッチへ
秋のハワイでヒマワリ満開のパンプキン…
2019.10.27
コラムの一覧
メレの中のハワイ百景〜マウイ島ハレアカラ
メレの中のハワイ百景〜マウイ島ハレア…
2019.10.13

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース