ストーリーオブハワイ~フラのレガシーを築くーレイナアラ・ジャーディン~

2019.09.06

カウアイ島東部、ワイルア川の南隣りに位置する静かなリッジゲート・ビーチの水平線に日が昇る。レイナアラ・ジャーディンの長い一日が始まろうとしている。ジャーディンはクムフラ(フラの師匠)だ。彼女の教室ハラウ・カ・レイ・モキハナ・オ・レイナアラの生徒たちと一緒に、伝統的な禊の儀式ヒウワイを行うためだ。今夜、彼女たちは教室の21周年を祝うステージで、1000人の観客を前に踊る。

ジャーディンは生まれも育ちもカウアイ。彼女の人生はずっとフラとともにある。カウアイのアンティー・ラヴィー・アパナとハワイ島ヒロのフラ・マスター、レイ・フォンセカのもと修行した。後にフォンセカの勧めで自身のハラウ(教室)を始めた。最初のクラスはカウアイ・シニア・センターでのクプナ(シルバー)向けだった。10年後の今、彼女のハラウには200人の生徒が在籍し、ハワイ一権威ある大会、メリー・モナーク・フェスティバルに連続出場している。

午後6時半、リフエのカウアイ・ウォー・メモリアル・コンベンション・ホールの向こうに日は沈んだ。一日かけて練習と準備をしてきたジャーディンのハラウは、今ステージに立つ準備万端だ。今夜のステージは競技でもなければ、観光客向けのショーでもない。今夜のホイケ(ショー)は家族と友人たちと地域の人々のためのもの。21年間積み重ねたフラへの愛の集大成だ。

この記事に関連するタグ
ストーリーオブハワイ~タトゥーで生まれ変わるーケオネ・ヌネズ~
ストーリーオブハワイ~タトゥーで生ま…
2019.09.06
コラムの一覧
ストーリーオブハワイ~波乗りの伝統ーポハク・ストーン~
ストーリーオブハワイ~波乗りの伝統ー…
2019.09.05

「レスポンシブルツーリズム」の最新コラム&ニュース