ストーリーオブハワイ~サーフィンによる癒しーダステン・テスター~

2019.08.21

ダスティン・テスターが立つのはオロワル・ビーチの温かい水辺、目を輝かせる10歳の少女にサーフィンの初レッスン中。ラハイナのビーチで育ったダスティンに海辺の小屋を建ててくれたのは彼女の祖父。今日そのキャビンでダスティンが運営するマウイ・サーファーガールズのサーフキャンプ中だ。彼女には伝染性のエネルギーがある。そのエネルギーこそ、世界の危険な波を切り抜けて生き残ってきた彼女を護り続けたもの。

ダスティンはサーフィンの先駆者だ。「ジョーズ」の異名で知られるマウイ島ノースショアのビッグウェーブ・サーフィンスポット「ペアヒ」で最初に波に乗ったオール・ウーマン・トウ・チームのメンバーだった。彼女が「ビッグウェーブ・サーフィン界のエベレスト」と呼ぶその波に初挑戦したとき、乗りこなしたのは25フィート級のモンスター・ウェーブだった。彼女にとっての人生最高の爽快感をそこで味わった。

オロワルの波は1フィートと小さい。波に合わせてダスティンが10歳の女の子が乗るボードを押し出すと、少女は立ち上がり波に乗る。少女の喜びは、ジョーズの25フィートの波に乗るダスティンのそれと違いはない。古代のハワイで波に乗れたのはアリイ(貴族階級)だけだったという。今日、ダスティンはサーフィンの喜びを世界の女性たちに広めている。恐れを力に変えるために。

この記事に関連するタグ
ストーリーオブハワイ~フラの原始的パワーーカウマカイワ・カナカオレ~
ストーリーオブハワイ~フラの原始的パ…
2019.08.21
コラムの一覧
ストーリーオブハワイ~文化遺産を生きるーグレッグ・ソラトリオ~
ストーリーオブハワイ~文化遺産を生き…
2019.08.21

「レスポンシブルツーリズム」の最新コラム&ニュース