ANA 「FLYING HONU」新ラウンジ、機内お披露目!

2019.05.11

ANAが2019年5月24日(金)より成田=ホノルル線に就航するウミガメをイメージしたエアバスA380 型機「FLYING HONU」が就航します。

就航に向けて5月8日に新しいラウンジと機体のお披露目とブレッシングセレモニーが行われました。
新設されるラウンジはダニエル・K・イノウエ国際空港の最大ラウンジとなります。

ラウンジ

ラウンジは2つのセクション「ANA SUITE LOUNGE」「ANA LOUNGE」に分かれています。合計370席もあり、フライト前にゆったりとくつろげる広々とした空間になっています。ラウンジからは駐機するFLYING HONUのアッパーデッキに直接搭乗することができます。

ANA SUITE LOUNGEは、ゆっくりとした時間を過ごせるよう上質で落ち着きのあるデザイン、ANA LOUNGEは、ハワイの自然を象徴をする海・空・木々からインスパイアされ、床・壁・天井にダイナミックに表現されています。ハワイと日本のエッセンスを融合したデザインです。ファミリーエリアも設けられており、子供たちが楽しく遊ぶことができます。

ラウンジで提供されるごはんは、とても種類が豊富でハワイのローカルフード、日本食が楽しめます。

ラウンジ利用基準
ANA SUITE LOUNGE:ファーストクラス利用者+1、AMCダイアモンドメンバー+1
ANA LOUNGE:ファーストクラス利用者+1、ビジネスクラス利用者、プレミアムエコノミークラス利用者、AMCダイアモンドメンバー+1、AMCプラチナメンバー、ANAスーパーフライヤーズメンバー+1、スターアライアンス・ゴールドメンバー+1

A380機内

日本のエアラインとしては初めて、エアバスA380型機を成田=ホノルル線に就航します。
全520席になり、2階建てです。2階のアッパーデッキにファーストクラス8席、ビジネスクラス56席、プレミアムエコノミークラス73席があります。メインデッキにはエコノミークラス383席です。
エコノミークラスでは、初めて導入するカウチシート「ANA COUCHii」があります。カウチシートは3席または4席を1組として、レッグレストを上げてベッドのように利用することができ、家族におすすめなシートです。
機内の内装もフロアが木目調、壁紙が空や海だったりと、搭乗した瞬間からハワイを感じることができます。

シートのドアと個室型のシェルによりプライベート感を確保できます。大型液晶ワイドスクリーン、大型テーブル、クローゼットや、複数の小物入れなど収納スペースが充実しています。

フルフラットシートで、好きな角度に調整できます。配置を互い違いにした、スタッガードシート配列です。大型テーブルでパーソナルスペースもゆったり。読書灯、USBポート、ユニバーサル電源が付いており、オフィス環境も充実しています。

38インチ(約97センチ)のゆとりあるシートピッチ、最大級のタッチパネル式モニターやヘッドレストとレッグレストを採用し、ゆとりあるフライトを過ごせます。

従来のシートよりシート幅やピッチが広く、これまでにない快適な空の旅を実現します。

いよいよ就航日は、もうすぐです!
「FLYING HONU」楽しみです!

ANA Hawaii:https://www.ana.co.jp/ja/jp/hawaii24/

この記事に関連するタグ
マウイ島カフルイ空港の新レンタカーセンターが完成
マウイ島カフルイ空港の新レンタカーセ…
2019.05.17
コラムの一覧
JALより新しい旅のStyleとサービス
JALより新しい旅のStyleとサー…
2019.04.04

「交通」の最新コラム&ニュース