ハワイ在住アーティスト達とコラボ商品が話題のニューブランド、Lei PalmがアラモアナセンターとTギャラリアにオープン!

2019.02.16

最近、アラモアナセンターやDFSなどの大型商業施設がハワイローカルブランドを誘致し、サポートするというトレンドが続いている。アラモアナセンターとワイキキのTギャラリア by DFSにて、現在期間限定ショップを展開中のホットなブランドを紹介したい。

レイ・パーム(Lei Palm)はトロピカルからインスピレーションを得て、2018年にハワイで生まれたファッション&雑貨ブランド。オーナーは、レスポートサックやケイトスペードなど有名ブランドでリテールマネージャー、バイヤー、ビジュアルマーチャンダイザーなどを30年以上行ってきたキャリアの持ち主、シンディー・イーストマン(Cindy Eastman)。シンディーが選び抜いたハワイ在住アーティスト達とアートコラボレーションをしたファッションや雑貨アイテムを中心に商品展開をしている。

コラボレーションアーティストとして起用されたのは、リアナ・ウォルフ(Leanna Wolf)、スザンヌ・ジェネリック(Suzanne Jennerich)、そしてパンキー・アロハ(Punky Aloha)といったアップカミングのアーティスト達。
レイ・パームは、昨年ホリデーシーズンに初めてアラモアナセンターに期間限定ショップをオープンさせ、キュートなウインドーディスプレイや、アーティストによるライブペインティングを行い話題を呼んだ。ホリデーシーズンの好評を得て、現在はアラモアナセンター2階のボッテガ・ベネタやティファニーがあるエリアへ移動。今回も期間限定ショップの予定だが、半年ほどオープンしているそうなので要チェックだ。

リアナ・ウォルフは力強い波のアートをテーマに活躍している若手アーティスト。2018年ワイキキのロイヤルハワイセンターに出現した彼女のウォールアートは記憶に新しい。レイ・パームとのコラボレーションアートでは、リーフのデザインにピンクの背景がトレンディーなアートを提供。スザンヌ・ジェネリックは、ワイキキのパイナップルカウンティーの店内壁画がインスタスポットとしても注目されているが、レイ・パームでも彼女らしいカラフルなフルーツ柄が印象的だ。カイルア在住のグラフィックアーティスト、パンキー・アロハはパキっとしたボールドな色使いとレトロなデザイン特徴的。

ワイキキのDFS Tギャラリアでも1階にてポップアップショップが営業中で、ワイキキホテルからのアクセスの良さと遅くまで営業しているのが嬉しい。店内では、ファッション以外にもローカルジュエリデザイナーの商品や、トロピカルテーマにマッチした雑貨や本などもあり、コンセプトショップとして機能している。中でも、アーティストたちとのコラボ商品はこのショップでしか手に入らないので、ぜひ覗いてみて。

レイ・パーム/ Lei Palm

https://www.leipalm.com
アラモアナセンター店(2階Bottega Venetaの隣)
1450 Ala Moana Blvd,
Honolulu, HI 96814
(808) 945-0538

Tギャラリア by DFS店 (1階マイケルコースの近く)
330 Royal Hawaiian Ave, Honolulu 96815

アラモアナセンター

Tギャラリア by DFS

この記事に関連するタグ
  • オアフ島
  • fashion
  • local
  • ローカル
  • ファッション
  • アラモアナセンター
  • shopping
  • ハワイ
  • ロコ
  • ala moana center
  • ローカルデザイナー
  • ハワイ土産
  • ギフト
  • trends
  • トレンド
  • accessories
  • omiyage
  • gifts
  • お土産
  • art
  • アート
  • artist
  • womens
  • ショッピング
  • ニューオープン
ハワイ発オーガニックコスメをTギャラリアで
ハワイ発オーガニックコスメをTギャラ…
2019.02.21
コラムの一覧
エネルギーたっぷりな元気をもらえる!スピリチュアルなメッセージアーティスト、Kyoko Rust
エネルギーたっぷりな元気をもらえる!…
2019.02.01

「買い物」の最新コラム&ニュース