One Ocean Diving 「ワン・オーシャン・ダイビング」

2018.10.23

サメとヘビ。私は動物大好きだけど、サメとヘビは苦手なんだ。ハワイはヘビがいないからラッキーだけど、もちろんハワイの海にはサメがいっぱいいる。シュノーケリングやスクーバダイビングしてる時にサメ見たことないから、映画で見る怖いイメージしかなかった。

でも動物が大好きな私は、サメの自然な姿を見たかった。良く観光者にはケージダイビングが人気だけど、やっぱり落ち着いた環境でサメに会いたい。そんな話を友達にしてたら、ワン・オーシャン・ダイビングを教えてくれた。

ノースショアにあるワン・オーシャン・ダイビングを始めたのは海洋生物学者のオーシャンとキャプテン・フォトグラファーのファン。もともとワン・オーシャン・ダイビングはリサーチグループで、海洋研究を利用して世界的にサメの保護を広めたい思いで始まった。

サメと泳げる場所までの船に乗ってる間は、サメの種類や行動、サメに対しての誤解や人間による影響などをキャプテンが話してくれる。そして泳ぐ場所に着いたら、キャプテンはシュノーケルとマスクをみんなに渡し、「じゃ、入ろうっか!」とニコニコしながら船から降りた。船に座ってるみんなは海の方に見ると、6−7頭のサメのフカヒレが。。。この時、私は絶対無理と思った 笑。

でもGoProを震えてる手で持ちながら、ゆっくりと海に入った。その日の波は荒れてたので、ボートにつながっているロープにつかみながら、深い海の中を見るとリーフザメが何頭か周りに泳いでいた。手を伸ばしたら触れるぐらいの距離までくると、心臓はドキドキ。でもよく見るとサメは落ちついた気持ちで泳いでいて、人間になれてたように見えた。この風にサメのを見ていると、映画で見る怖いサメのイメージがなくなり、私たちはサメを誤解してると思った。

一度はサメの自然生息地を見てみて!絶対サメに対する意見が変わるから。ドキドキするけど、いろんなことを学べて、本当にお勧めする体験だよ!

オンラインでのブッキング:https://www.freedivewithsharks.com/
今のところ、日本語しゃべれるガイドがいないけど、頑張っていってみて☺

この記事に関連するタグ
メレの中のハワイ百景〜カウアイ島ハナレイ・ベイ
メレの中のハワイ百景〜カウアイ島ハナ…
2018.10.24
コラムの一覧
ハワイカメラガールズ会員を対象に
スクートで行くハワイ旅行リポーター2名募集
~LCCで行くハワイをリポートしよう!~
ハワイカメラガールズ会員を対象に ス…
2018.10.22

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース