子連れハワイ旅行もこれで安心!大人も子どもも、家族みんなで楽しめる、とっておきのハワイ情報をまとめて一挙大公開!

2018.08.08

夏休みに家族でハワイ旅行!旅行は楽しみだけど、子連れで楽しめるスポットってどんなところ…?子どもと安心して遊べるビーチはどこ?子ども向けメニューがあるレストランは?子連れに優しいサービスはどんなものがあるの?こんな疑問をお持ちのお父さん、お母さんもきっと少なくないはず。今回の特集では、大人も子どもも一緒に楽しめるアクティビティーやビーチ、ショッピングやレストラン、子ども向けのプログラムを実施しているホテルなど、最大限にハワイ旅行を楽しむためのとっておきの情報をご紹介します。

遊び編

ハワイのビーチでは、最低限以下の条件が揃っていると子連れでも安心して過ごすことができます。

  • ライフガードが常駐している
  • 波が高くない
  • 人気(ひとけ)がある
  • シャワーやトイレが完備されている

オアフ島内で上記の条件が揃っているビーチはいくつかありますが、子連れの場合はホテルからも近くコインロッカーも設置され便利なワイキキビーチや、ワイキキからも近くアクセスしやすいカイマナ・ビーチ、広く穏やかなビーチでのんびり過ごせる、アラモアナ・ビーチパークなどが良いでしょう。

ハワイには海の生物と触れ合えるアクティビティーや施設も揃っています。小さなお子様連れであればワイキキ水族館でカラフルな熱帯魚を観察したり、シーライフパークハワイでイルカと触れ合うのがおすすめ。お子様の年齢によっては、野生のイルカに会いにドルフィンウォッチングツアーに参加するのも楽しめるでしょう。

海の生物といえば、ハワイのビーチでは時々、野生のカメやモンクシールがのんびりお昼寝している時もありますが、ハワイでは海洋生物保護のため、カメやモンクシールに触ったり餌付けすることは禁止されています。一定の距離を保って優しく見守るように、お子様にも教えてあげてくださいね。

ポリネシア カルチャーセンターやクアロアランチ・ハワイ、ドール・プランテーションでは子ども達と一緒にハワイの文化や自然と触れ合える、陸のアクティビティーを体験できます。ハワイやポリネシアの文化を学ぶなら、ポリネシア カルチャーセンターへ、ハワイの雄大な大自然の中で楽しめるスリリングなアクティビティーを体験するならクアロアランチ・ハワイへ。家族みんなで楽しめるプログラムが揃っています。

また、パイナップル農園に造られたテーマパーク、ドール・プランテーションで、広大な敷地内を走るパイナップル・エクスプレス・トレインに乗ったり、家族でチームに分かれて巨大迷路パイナップル・ガーデン・メイズの攻略を競うのも楽しいですよ。思う存分遊んだあとは、ハワイ産の美味しいパイナップルを使ったドール・ホイップ(ソフトクリーム)を食べてリフレッシュしましょう。

遠出が難しい場合は、ワイキキにあるホノルル動物園もおすすめです。園内の広場でイベントを開催していることもあるので事前にスケジュールをチェックしてみてくださいね。

ハワイでアドベンチャーしたい!というご家族は、みんなでトレッキングに挑戦してみるのはいかがでしょうか。ダイヤモンドヘッド州立記念公園やマカプウ・ライトハウス・トレイル、マノア・フォールズ・トレイルなど初心者向けのトレッキングなら小さなお子様でも一緒に冒険を楽しむことができますよ。
熱射病にならないように帽子や日焼け止め、お水などしっかり準備してくださいね。また、ダイヤモンドヘッド州立記念公園やマノア・フォールズ・トレイルには入り口のビジターセンターにお手洗いがありますので、お子様はお手洗いを済ませてからスタートした方が安心です。マカプウ・ライトハウス・トレイルにはお手洗いが設置されていませんのでご注意ください。

子連れに優しいショッピングスポット

ハワイの一大ショッピングセンター、アラモアナセンターでは、子連れでもショッピングが楽しめる設備やサービスが整っています。

  • キッズエリア
    3Fマウカウィングのターゲットには「ラッキー・クライマー」と呼ばれる、高さ約6メートルのジャングルジムのような遊具が設置されています。周りにネットが張ってあるのでどの年代のお子様でも安心して遊ばせることができます。
  • サービス
    館内ではベビーカーのレンタルと車椅子のレンタルを利用することができます。レンタルを希望する場合は1Fセンターステージ裏のゲストサービスでお問合せください。
    電話番号:(808)955-9517。
  • 授乳&おむつ替えスポット
    1Fセンターコート近くや4Fホオキパ・テラス、2Fエヴァウィングのバスルームに個室のファミリー・レストルームがあります。特に4階ホオキパ・テラスには個室が2つあり、そこが使用中でも隣の一般トイレにオムツ替え台と休憩用ベンチがあるので便利です。その他、デパート内のトイレにもオムツ替え台があります。

ワイキキの中心にあるロイヤル・ハワイアン・センターではショッピングはもちろん、中庭のステージでは様々なカルチャープログラムやショーなども開催されているので子ども達と一緒に楽しむことができます。

  • カルチャープログラム
    センター1F中庭のステージではレイメイキングやフラレッスンなど無料のカルチャーレッスンなどが行われています。詳しいスケジュールはロイヤル・ハワイアン・センターの公式WEBサイトでご確認ください。

  • キッズ・プレイエリア
    センター1F中庭のロイヤルグローブにキッズ・プレイエリアが設けられています。

  • おむつ替えスポット
    B館2Fと4Fにオムツ替え台のあるトイレが設置されています。

新しく生まれ変わったインターナショナルマーケットプレイスも子連れにはうれしい設備が整っています。中庭のステージや噴水は憩いの場となっていて、ショッピングの合間に休憩しながら子どもたちを遊ばせるのにぴったりです。

  • おむつ替えスポット
    1Fと2Fにオムツ替え台のあるトイレが設置されていますが、セキュリティーのため通常はロックがかかっています。利用する場合は近隣ストアのスタッフに声をかけるかインフォメーションにお問合せください。

せっかくのハワイ旅行、ママと娘のお揃いコーデやパパと息子のお揃いアロハシャツ、家族でお揃いのTシャツなど、お揃いでキメれば家族のハワイ旅行も一体感を増すでしょう。
ママと娘のお揃いコーデなら、ハワイらしいトロピカルでガーリーなワンピースを扱うエンジェルズ・バイ・ザ・シー、家族みんなでお揃いのTシャツならクレイジーキャットが目印のクレイジーシャツやサイズも豊富なエイティエイトティーズなどで見つけることができます。

家族で楽しめるグルメ情報

せっかくハワイへ行くのなら食事の時間だって盛り上がりたい!そんなご家族にはショーを観ながらお食事を楽しめるレストランがおすすめです。
コックがパフォーマンスしながら華麗に調理してくれる「田中オブ東京」や、イリュージョンショー 「マジック・オブ・ポリネシア」、音楽とダンスを通して1920年代から現代までのハワイアンジャーニーを楽しめる「ロック・ア・フラ」など、本格的なショーを観ながらディナーを楽しめるエンターテイメントレストランがハワイには揃っています。

小さなお子様がいるご家族では、子ども向けのメニューがあるレストランがあると安心ですよね。カイ・マーケットは子どもが食べやすいメニューも豊富な上、オーシャンビューの景色も楽しめます。また、エッグスンシングスやジッピーズ・ハワイ、M.A.C.24/7レストラン+バーなどのファミリーレストラン、テディーズ ビガー バーガ―にも子どもが食べやすいメニューが揃っています。

ハワイ旅行中はおやつの時間も楽しみのひとつ。ビーチやトレッキングでアクティブに遊んだあとはハワイの定番おやつ、マラサダやシェーブアイス、スムージーなど、子どもも大人も大好きなスイーツでお腹を満たしましょう。

ファミリーフレンドリーな宿泊施設

シェラトンワイキキでは6月~9月の期間、プールサイドにマーメイドや妖精が登場するアクティビティを開催しています。
プールには高さ約4.5メートル、長さ約21メートルのウォータースライダー、ワイキキビーチが一望できる2つのジャグジー、噴水のように水が飛び出す岩場もあり、家族みんなで楽しむことができます。

※「マーメイド、妖精と遊ぼう」の詳細はシェラトン・ワイキキ・ホテルの公式WEBサイトをご覧ください。

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートには、4つのスライダーがあるアクティビティプール、人気のハウツリー・カンティーナも隣接するスーパープール、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートの象徴ともいえる絶景ポイント、デューク・カハナモク・ラグーンや、レイメイキングやフラレッスンなどハワイアン・カルチャーアクティビティなどのリゾートアクティビティなど、家族で楽しめる設備やプログラムが揃っています。
ホテルにご宿泊の5~12歳のお子様であればハワイの文化や歴史を学べ、プチ留学体験ができるキッズプログラム、「キャンプ・ペンギン」に参加することも出来ます。
毎週金曜日の夜には花火が打ちあがるのも魅力です。

ザ・カハラ・ホテル&リゾートでは、5歳から12歳のお子様が太陽の下で遊んだり、お友達を作ったり、ハワイの文化を学ぶことができる、楽しさいっぱいのケイキクラブや、リゾート内のラグーンにいるイルカたちと触れ合えるドルフィン・クエスト・プログラムなど、子どもたちが特別な体験を出来るプログラムが揃っています。

「その他」の最新コラム&ニュース