メレの中のハワイ百景〜カメハメハ誕生地

2018.06.23

先週6月11日(月)はハワイ州の祝日でした。ハワイ好きなあなたは知っていますね。カメハメハ・デイです。毎年、カメハメハ大王をたたえてホノルルのカメハメハ像はレイで飾られ、パレードが行われます。
カメハメハ大王をたたえる歌はたくさんありますが、もっとも古いのはおそらくカメハメハの誕生を祝ったチャント『Hānau Ke Ali'i』でしょう。

Hānau ke aliʻi Kekuʻiʻapoiwa.
I nākolo ka lani
I Welehu ka malama
I kūlia i lalapa maloko ʻĀinakea.
ケクイアポイワが出産する
天が轟く
それは11月
アイナケアの中で命の火がつき燃え上がる

歌詞にあるケクイアポイワはカメハメハを産んだ母の名前。そしてアイナケアはハワイ島の地名。ここが後にハワイ諸島を統一して国王になったカメハメハの出生地です。
ハワイ島コハラにあるその場所へは、ワイメアから北へ背骨のように伸びるコハラ山脈に沿って走る250号線(コハラ・マウンテン・ロード)で島の北岸へ抜けます。北の端ハヴィから東へ270号線を少し行くとカパアウという小さな町に着きます。カメハメハ大王のオリジナル銅像を右手に見つけたら、そのあたりがチャントの中のアイナケアです。
昨年、ハワイ島北端にあるこの静かな田舎町を訪れた時、「ここであのカメハメハが生まれたのか」と感慨にふけっていたら、どこからともなくフラ・ソングが聞こえてきました。カメハメハ像の後ろにコミュニティー・センターがあって、地元の人たちがフラのレッスンを受けているところでした。

カメハメハ王をたたえる歌について詳しくは、アロハプログラムのテキスト「カメハメハ一世の歌」へ。

この記事に関連するタグ
エノアツアーズより新ツアー登場
エノアツアーズより新ツアー登場
2018.06.27
コラムの一覧
Eden Kaiさんウクレレワークショップ&ミニライブ開催 @キワヤ商会
Eden Kaiさんウクレレワークシ…
2018.06.19

「遊ぶ・体験する」の最新コラム&ニュース